授業科目名 精神保健
英語授業科目名 Mental Health
科目ナンバリング
講義番号 Y60320 担当教員[ローマ字表記] 早川 洋 [Hayakawa, Hiroshi]
科目区分 教育学部専門科目 開講学部 教育学部
単位数 2 必修・指定選択・選択の別
開講学期(期別) 第3・4 曜日時限 金1〜2
教室 教育A113プロジェクト室 対象年次 2~4
初年次教育科目

クラス指定

養護教諭養成課程

他との関連(関連項目)

臨床医学概説、臨床実習

履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)

なし

テーマ・副題

精神保健・精神医学の基礎

授業科目の到達目標

本講義では、精神保健学概論で身につけた知識を元に、現代の子どもの心にまつわる様々な事象について学んでいく。

学科・専修等の学習・教育目標との関連

授業キーワード

児童精神医学、子どもの心、学校メンタルヘルス、発達障害、虐待、いじめ、事象、非行、不登校

授業の内容

現代の子どもたちの心に起きている具体的な問題について、保健室で実際に起きることを念頭に置きながら、具体的な事例も交えて学んでいく。教科書を読むのではなく、毎回スライドを用いながら、グループ討議を行って理解を深めていく。

授業の方法・事前準備学修・事後展開学修

毎回、次の講義に向けての宿題(考えておいてほしいこと)を出すので、それについて自分なりの考えをまとめてきてほしい。

授業展開(スケジュール)

第1回:精神保健学とは1 オリエンテーション、全体のスケジュールの紹介、精神保健・精神医学について
第2回:精神保健学とは2  精神保健・精神医学についてのグループ討議→2回目から講義についての検討
第3回:精神疾患について1 精神病と神経症の違い。人格障害について
第4回:精神疾患について2 子どもによく発症する精神疾患について
第5回:発達障害について1 ADHD、自閉症スペクトラムなどの発達障害についての理解
第6回:発達障害について2 発達障害児への対処法について
第7回:子どもの示す行動について1 ストレスの外在化/内在化の原因と理解
第8回:子どもの示す行動について2 外在化障害 怒り、暴力、反抗、非行の理解と予防、対処法について
第9回:子どもの示す行動について3 内在化障害 不登校・ひきこもり、自傷、自殺行動の現状、理解、対処法
第10回:子どもの示す行動について4 内在化障害 心身症、摂食障害などの理解

第11回:保護者について1 アタッチメントの理解
第12回:保護者について2 親の精神疾患・児童虐待の理解、子どもへの影響、対処法
第13回:学校メンタルヘルス活動1 地域での連携についての具体的な方法について
第14回:学校メンタルヘルス活動2 自分自身も含めた教員のメンタルヘルスの実情、対処法、学校現場で起きていることと、具体的な対処法について
第15回:事例検討 実際の事例を挙げての事例検討
第16回:テスト グループでの演習、個人での演習

成績評価方法

筆記試験ではなく、実際の事例に基づいた演習やレポートで行う予定。

成績評価基準

知識よりも、実際の現場で起きていることに対処できるかどうかを評価したいと思います。
出席も加味して評価します。

テキスト

テキストブック児童精神医学/井上勝夫 著,,日本評論社,2014
児童青年期精神看護学 : セルフケアへの支援/宇佐美しおり, 岡田俊 編著,,医歯薬出版,2012
子どもの精神科臨床/齊藤万比古 著,,星和書店,2015
以上の本は教科書としては指定しませんが、参考になると思います。

参考図書

こんなとき、どうする?発達障害のある子への支援 小学校 (特別支援教育をすすめる本) /安倍, 陽子,諏訪, 利明,,ミネルヴァ書房,2009
こんなとき、どうする?発達障害のある子への支援 中学校以降 (特別支援教育をすすめる本) /中山, 清司,,ミネルヴァ書房,2009
自傷・自殺する子どもたち/松本俊彦 著,,合同出版,2014
平成23年度 精神疾患等のこころの病気のある児童生徒の指導と支援の事例集 国立特別支援教育総合研究所 /,,
特別支援教育指導事例集/大阪市教育委員会,,

学生へのメッセージ

学生の皆さんの希望に基づいて、講義を組み立てていこうと思います。初回のオリエンテーションの時に意見を聞かせてください。

その他・備考