授業科目名 分子化学輪講Ⅰb
英語授業科目名 Seminar on Molecular Chemistry Ib
科目ナンバリング
講義番号 M31254 担当教員[ローマ字表記] 長谷川 登志夫 [Hasegawa,Toshio]
科目区分 理工学研究科博士前期課程化学系 開講学部 理工学研究科博士前期課程
単位数 1 必修・指定選択・選択の別
開講学期(期別) 第3・4 曜日時限 集中
教室 理工研-各研究室 対象年次
初年次教育科目

クラス指定

研究指導担当学生

他との関連(関連項目)

分子化学輪講Ⅰa

履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)

学部において学んだ化学の基本的事項を理解していることが前提。

テーマ・副題

授業科目の到達目標

英語で書かれた論文の内容を理解し,その内容をまとめ,他人に説明することができる。

授業キーワード

英語論文,化学論文

授業の内容

選んだ論文についてあらかじめ自分で作成しておいた資料を用いて説明する。

授業の方法・事前準備学修・事後展開学修

学生が順番に担当して論文を読みその内容をまとめたものを配布して,その内容について説明する。さらに,論文の内容についてディスカッションする。事前準備学修・事後展開学修は授業展開に記載。

授業展開(スケジュール)

研究の基盤となるようなまたは科学的に高いレベルの内容である論文を取り上げる。

説明に使用するレジメを事前にチェックし,適切なものになっているかを確認し,場合によっては修正する。レジメを用いて,説明させる。講義後に,ディスカッションの内容をまとめ,必要に応じて調べ,再度説明する。

成績評価方法

論文の理解度,文章としてまとめる力,発表と質疑に対する受け答え方を総合的に判断し評価する(評価比率3:4:3)。

成績評価基準

到達目標への達成度の基準を,上記の成績評価方法をもとに決める。

テキスト

香料の科学 = The Science of Flavors and Fragrances/長谷川香料株式会社 著,,講談社,2013

参考図書

香りがナビゲートする有機化学 = Organic Chemistry Navigated by Fragrance/長谷川登志夫 著,,コロナ社,2016

学生へのメッセージ

単に英文を読むのではなく,しっかりと内容を理解して発表することを心がけてほしい。

その他・備考

特になし