授業科目名 表面ナノ分光特論
英語授業科目名 Vibrational Spectroscopy for Nanostructured Surfaces
科目ナンバリング
講義番号 D20455 担当教員[ローマ字表記] 二又 政之 [Futamata,Masayuki]
科目区分 理工学研究科博士後期課程理工学 開講学部 理工学研究科博士後期課程
単位数 2 必修・指定選択・選択の別
開講学期(期別) 第3・4 曜日時限 金1
教室 理工研-各研究室 対象年次
初年次教育科目

クラス指定

物質科学コース

他との関連(関連項目)

なし

履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)

表面化学・表面物理・表面分析・表面分光などに興味・基本知識を持っていること。表面に特化した講義内容なので、修士研究で、関連分野(表面科学・表面分光の実験・理論)のテーマを研究していること。受講学生数がごく少数の場合開講しない場合があるので、担当教員に受講希望を、事前に申し出ること。

テーマ・副題

表面化学・表面物理・表面分析・表面分光

授業科目の到達目標

表面化学・表面物理・表面分析・表面分光に関して、基礎理論及び実験手法・最新の研究に関する全般的かつ体系的な知識を得る。

授業キーワード

表面構造、表面電子状態、吸着、ナノサイエンス、表面分析、一分子感度分光、ナノラマンイメージング、表面反応

授業の内容

下記の教科書を交代で、学生が1章ずつ輪読する。教員は、毎回補足説明し、学生の理解を助ける。

授業の方法・事前準備学修・事後展開学修

上記。

授業展開(スケジュール)

Axel Gross, "Theoretical Surface Science", Springerをテキストとして、
第1-2回:第1章、第2章
第3-4回:第3-4章
第5-6回:第5章
第7-8回:第6章
第9-10回:第7章
第11-12回:第8章
第13-14回:第9章
第15回:10章
を読み込む。

成績評価方法

プレゼン+質疑応答。必要に応じてレポート。

成績評価基準

大学規定に従う。

テキスト

参考図書

学生へのメッセージ

表面科学全般に関しても概説するので、受講者は、自分の研究に役立ててほしい。

その他・備考

人数が極端に少ない場合開講しないことがある。