タイトル
     2024 年度 前期  教育学部 学校教育教員養成課程 日英区分 :日本語 
  
幼児教育方法
Teaching Methods of Early Childhood Education
  
ナンバリング 科目分野
ECYP2001   教育学部専門科目
担当教員(ローマ字表記)
  藤田 寿伸 [FUJITA Hisanobu]
対象学生 対象年次 単位数
  2~4 2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  火4 教育A212講義室
科目群 講義番号
  Y38040
クラス指定  
乳幼児教育コース2年生を対象とする。
乳幼児教育専修の学生以外は、幼稚園、保育所等の保育現場への就職を希望する4年生のみ。(ただし、人数に余裕がある場合は、保育職を希望する3年生も受講可とするが、人数が超過する場合は抽選を行う。)
 
他との関連(関連項目)  
「保育内容総論」
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
特になし
 
テーマ・副題  
幼児教育における教育方法の原理と実際
 
授業科目の到達目標  
幼児教育における教育方法の原理とビジョンを理解し、保育者としての専門性を身につけることを目指す
 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
深い幼児理解と子ども〜おとなとの関係性に基づく幼児教育方法について、理論的洞察を深める
 
授業キーワード  
遊びと育ち、育ちと学び、幼児理解、場づくりと支援
 
授業の内容  
幼児の育ちから初等教育の学びまでの発達を通観し、遊びを通して育ち、学ぶ子どもの発達を理解する。
保育者の専門性について、教育方法の観点から理解し、考究する。
保育活動の展開と、そのリフレクションを通して、保育の場づくりと支援について学ぶ。
 
授業の方法  
□講義、ならびにペアやグループによるディスカッションを行う。
 課題・資料等は、WebClassに掲載する。
□場合によって、オンライン・オンデマンドで行う場合がある。
 諸連絡はWebclassで行う。
□各回のテーマに沿った講義、ならびに学生相互のペア・グループの活動を交えて進める。
□講義は、テーマに沿った問題提起を主とする。各自、問題提起に沿った探求・考究を進める。
□レッジョ・エミリアの幼児教育など、海外の幼児教育から学びのヒントを得る。
□教員と学生による絵本・童話・物語等の理解を深めながら進める。
 
事前準備学修・事後展開学修  
各回授業準備としてシラバスに含まれるテーマについて各自の予備学習を推奨する。
各授業時の振り返りを配布シートにまとめ、授業資料や成果物と友にファイリングすること。
期末時点で授業ファイルの提出を求め、授業ファイル内容を成績評価の材料とする。
 
授業展開(スケジュール)  
第1回 ガイダンス
     本講義の進め方と学び方:子どもと創造性

第2回 レッジョ・エミリアの幼児教育(1)
     幼児の発達と探究、主体的な学びを支える幼児教育  
 
第3回 レッジョ・エミリアの幼児教育(2)
     興味関心に基づく探究と表現活動

第4回 レッジョ・エミリアの幼児教育(3)
     アトリエとドキュメンテーションについて

第5回 レッジョ・エミリアの幼児教育(4)
     レッジョの教育の原点と世界への影響 

第6回 近代イタリアの幼児教育
     探究的な遊びの体験と記録について

第7回 ブルーノ・ムナーリの創造的教育観
     創造性とはなにか  

第8回 探究的な遊びと環境
     興味関心と探究のプロセスを振り返る

第9回 絵本・物語と子どもの育ち
     物語の経験と子どもの発達の関係

第10回 絵本・物語を子どもと楽しむ
     保育実践における絵本・紙芝居の取り扱い

第11回 日本の創造的な幼児教育の実践
     プロジェクトとドキュメンテーション

第12回 保育のかたち、保育者のアップデート 
     リフレクションと研修の役割

第13回 幼児教育と学校教育 
     幼児教育と教科教育の違いを知る

第14回 子どもから学ぶ保育の視点 
     子どもの姿を観る・聴くということ

第15回 振り返り・まとめ
     創造性を育む教育に必要なものはなにか   
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
受講の姿勢、討論への参加の仕方、集中度。発言の視点と内容。聴き合う姿勢。発表の仕方。レポート、期末レポート等により総合的に成績評価を行う。
2/3以上の出席がない場合は、評価の対象としない。
 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。
「到達目標を超え、全般的に特に秀でている」 =GP:4 = S
「到達目標を超えており、部分的に秀でている」 =GP:3.5=A+
「到達目標を超えている」 =GP:3 = A
「到達目標に十分達しており、部分的に秀でている」 =GP:2.5=B+
「到達目標に十分達している」 =GP:2 = B
「到達目標に最低限達しており、部分的に B 以上の水準にある」=GP:1.5=C+
「到達目標に最低限達している」 =GP:1 = C
「到達目標に達していない」 =GP:0 = D
「到達目標の達成度を測る材料がない」 =GP:0=F
 
テキスト  
備考 授業時に指示します。
 
参考図書  
参考書1 ISBN 9784909378392
書名 子どもの造形表現 :〈感じること〉からはじまる : 理論と実践事例から学び、考えよう
著者名 小野和, 宮野周編著 出版社 教育情報出版 出版年 2022
備考
参考書2 ISBN 9784528010581
書名 子どもたちの100の言葉 : レッジョ・エミリアの幼児教育実践記録
著者名 レッジョ・チルドレン著 ; ワタリウム美術館編 ; 田辺敬子 [ほか] 訳 出版社 日東書院本社 出版年 2012
備考
参考書3 ISBN 4622072092
書名 ファンタジア
著者名 ブルーノ・ムナーリ [著] ; 萱野有美訳 出版社 みすず書房 出版年 2006
備考
備考 授業時に指示します。
 
学生へのメッセージ  
実際の保育のイメージを持ちながら、保育者になる自覚をもって出席して下さい。
授業内での活動に、積極的に参加してください。
授業では幼児教育に関するトピックを中心にとりあげますが、小学校教員志望者にとっても幼児理解は重要です。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
保育士養成施設の基準により、50名程度までとします
 
連絡先(電話番号)  
ガイダンス時に提示します
 
連絡先(メールアドレス)  
ガイダンス時に提示します
 
オフィスアワー  
ガイダンス時に提示します
 
連絡先(ホームページ、その他)  
ガイダンス時に提示します
 
関連ホームページ  
ガイダンス時に提示します
 
その他・備考  
 
ページの先頭へ