タイトル
     2024 年度 前期  教育学部 学校教育教員養成課程 日英区分 :日本語 
  
初等英語科概説
Introduction to English Education for Elementary School
  
ナンバリング 科目分野
    教育学部専門科目
担当教員(ローマ字表記)
  武田 ちあき, 田子内 健介 [Chiaki Takeda, Kensuke Takonai]
対象学生 対象年次 単位数
  1~4 1
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  月5 遠隔授業
科目群 講義番号
  Y28003
クラス指定  
小学校コース(心・算・理・も・家)・特の1年生(2024年度入学者)を対象とする。
中学校コースは2年生以上に限る。
3年生で前期に教育実習予定の者は、同名の別の授業(第1ターム)ではなく、この授業(第2ターム)を履修すること。
 
他との関連(関連項目)  
初等英語科指導法
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
なし
 
テーマ・副題  
小学校英語教育のための基礎的知識
 
授業科目の到達目標  
小学校における英語活動・外国語(英語)科の基盤となる、各分野での基本的知識を身につける。授業実践に必要な英語運用力と、英語に関する背景的な知識を獲得する。
 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
力量のある質の高い教員を養成するために、教科に関する専門的な知識や技能の土台を構築するための科目である。
 
授業キーワード  
伝承童謡、児童詩、第二言語習得、文・句の構造、単語の構造、英語の発音
 
授業の内容  
 授業実践に必要な英語力の四技能(聞くこと・話すこと・読むこと・書くこと)の基礎となる知識を、授業場面を意識しながら身につける。
 英文学分野では伝承童謡・児童詩を扱い、英語のリズム感および音楽的側面を理解する。英詩が英語圏の児童文化において教育的・社会的・歴史的に果たしてきた役割も理解する。
 英語学分野では第二言語習得に関する諸事実を確認したうえで、英文法に関する基礎概念として構成素性を扱い、日本語とも比較しながら英語の文および語の構造的特徴について理解する。また、日英語の発音の違いについても理解を深める。
 
授業の方法  
オンデマンドで行う。
 
事前準備学修・事後展開学修  
[8回の授業で1単位の科目]  授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
英文学分野の事前学修:Web Class に掲載される資料をあらかじめプリントアウトして読み、疑問点をチェックしておくこと(1時間程度)。
英文学分野の事後学修:授業で扱った歌や詩を、講義内容の理解を踏まえ、音韻学的に正確に、かつ文学的解釈を反映・表現する豊かな演出を用いて歌唱・暗唱し、児童に英語の魅力と深さを伝えられるよう、練習を重ねること(3時間程度)。
英語学分野の事前学修:初回に提示する各回テーマに関し、疑問点等を整理すること(1時間程度)。
英語学分野の事後学修:授業で扱った英語の文法・発音の諸点について、日本語との相違もふまえて、分かりやすく説明できるよう復習すること(3時間程度)。
 
授業展開(スケジュール)  
第1回:オリエンテーション ①英文学分野(担当:武田ちあき)②英語学分野(担当:田子内健介)
第2回:「ABCの歌」と英語の韻律法(担当:武田ちあき)
第3回:伝承童謡と市民教育(担当:武田ちあき)
第4回:教材としての児童詩(担当:武田ちあき)
第5回:第二言語習得と文法(担当:田子内健介)
第6回:句の構造と語の構造(担当:田子内健介)
第7回:英語の発音(担当:田子内健介)
第8回:まとめと試験(担当:武田ちあき・田子内健介)

 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
授業参加状況20%、レポート(英文学分野)40%、試験(英語学分野)40%
 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。
「到達目標を超え、全般的に特に秀でている」 =GP:4 = S
「到達目標を超えており、部分的に秀でている」 =GP:3.5=A+
「到達目標を超えている」 =GP:3 = A
「到達目標に十分達しており、部分的に秀でている」 =GP:2.5=B+
「到達目標に十分達している」 =GP:2 = B
「到達目標に最低限達しており、部分的に B 以上の水準にある」=GP:1.5=C+
「到達目標に最低限達している」 =GP:1 = C
「到達目標に達していない」 =GP:0 = D
「到達目標の達成度を測る材料がない」 =GP:0=F
 
テキスト  
備考 必要に応じプリントを Web Class の資料にアップする。
 
参考図書  
備考 必要に応じ指示する。
 
学生へのメッセージ  
第1回のオリエンテーションの動画は、①英文学分野、②英語学分野の計2本あるので、両方を必ず視聴すること。

英文学分野では、第4回の授業後、Web Classにレポート課題をアップするので、指定された期限内に必ず提出すること。
英語学分野では、第8回の授業で、Web Class上で試験を行うので、必ず受験すること。

毎回、プリント等を適宜 Web Class にアップするので、事前にしっかりと読み、自分自身の不明点・疑問点をはっきりさせて授業に臨むこと。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
上記のクラス指定の通り。
 
連絡先(電話番号)  
必要に応じて授業内で提示
 
連絡先(メールアドレス)  
田子内:takonai@mail.saitama-u.ac.jp、武田:ctakeda@mail.saitama-u.ac.jp
 
オフィスアワー  
田子内:開講期間中の月曜日、15:00-16:00 教育学部H棟4階H413研究室
武田: 開講期間中の月曜日、15:00-16:00 教育学部H棟4階H415研究室
 
連絡先(ホームページ、その他)  
なし
 
関連ホームページ  
なし
 
その他・備考  
なし
 
ページの先頭へ