タイトル
     2024 年度 前期  教育学部 学校教育教員養成課程 日英区分 :日本語 
  
運動方法実践研究A
Practical studies of various exercise methods A
  
ナンバリング 科目分野
PE3008   教育学部専門科目
担当教員(ローマ字表記)
  細川 江利子 [Eriko Hosokawa]
対象学生 対象年次 単位数
  3~4 2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  火4 教育A113プロジェクト室
科目群 講義番号
  Y22501
クラス指定  
なし
 
他との関連(関連項目)  
ダンス、身体・スポーツ文化論
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
なし
 
テーマ・副題  
表現運動系・ダンス領域の指導に関する理論と実践
 
授業科目の到達目標  
この授業では、表現運動系・ダンス領域の特性と指導法について実践的に学ぶことを目的とする。
次の各項目を学習の到達目標とする。
1)表現運動系・ダンス領域の特性を理解することができるようにする。
2)表現運動系・ダンス領域の指導法を理解することができるようにする。
3)表現運動系・ダンス領域の指導力を身につけることができるようにする。
 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
力量のある質の高い教員を養成するために、体育科および保健体育科で扱う領域の一つである「表現運動系・ダンス領域」の指導に関する専門的な知識・技能を身につけるための科目である。
 
授業キーワード  
表現系ダンス、フォークダンス、リズム系ダンス、ダンス指導法
 
授業の内容  
①学習指導要領解説における表現運動系・ダンス領域の内容および指導法に関する講義
②表現系ダンス(表現遊び・表現・創作ダンス)、リズム系ダンス(リズム遊び・リズムダンス・現代的なリズムのダンス)、フォークダンス(民踊を含む)の実習。学生が小グループに分かれて学習指導案を作成し、模擬授業を行う。
 
授業の方法  
表現運動系・ダンス領域についての講義と実習。
 
事前準備学修・事後展開学修  
A)[15回の授業で2単位の科目] 授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
【事前準備学修】学習指導要領解説、テキストの購読。学習指導案作成等模擬授業の準備等。
【事後展開学修】授業で扱った内容・感想等についてノートにまとめる。模擬授業後のレポート作成等。
 
授業展開(スケジュール)  
第1回 ガイダンス(授業の内容と進め方等)
第2〜8回  講義:表現運動系・ダンス領域の内容と指導法について
第9〜10回  表現系ダンスの指導実習
第11〜12回 リズム系ダンスの指導実習
第13〜14回 フォークダンスの指導実習
第15回 まとめ

*第1〜8・15回:教室での対面授業、第9〜14回:総合体育館での対面授業を予定。(受講人数により変更あり)
*期末試験は行いません(期末レポートあり)。
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
授業時の態度(積極性、発言等)(50%)、模擬授業(実践とレポート)(30%)、コメントペーパー・期末レポート(20%)により、総合的に成績評価をおこなう。

 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。
「到達目標を超え、全般的に特に秀でている」 =GP:4 = S
「到達目標を超えており、部分的に秀でている」 =GP:3.5=A+
「到達目標を超えている」 =GP:3 = A
「到達目標に十分達しており、部分的に秀でている」 =GP:2.5=B+
「到達目標に十分達している」 =GP:2 = B
「到達目標に最低限達しており、部分的に B 以上の水準にある」=GP:1.5=C+
「到達目標に最低限達している」 =GP:1 = C
「到達目標に達していない」 =GP:0 = D
「到達目標の達成度を測る材料がない」 =GP:0=F
 
テキスト  
教科書1 ISBN
書名 学校体育実技指導資料第9集 表現運動系及びダンス指導の手引
著者名 文部科学省 出版社 東洋館出版社 出版年 2013
備考
教科書2 ISBN
書名 小学校学習指導要領 (平成29年告示) 解説 体育編
著者名 文部科学省 [著],文部科学省, 出版社 東洋館出版社 出版年 2018
備考
教科書3 ISBN
書名 中学校学習指導要領 (平成29年告示) 解説 保健体育編
著者名 文部科学省 [著],文部科学省, 出版社 東山書房 出版年 2018
備考
教科書4 ISBN
書名 高等学校学習指導要領 (平成30年告示) 解説 保健体育編 体育編
著者名 文部科学省 [著],文部科学省, 出版社 東山書房 出版年 2019
備考
 
参考図書  
備考 授業時に適宜指示する。
 
学生へのメッセージ  
表現運動系・ダンス領域は、他の運動領域と同じく、小学校から中学校第1・2学年まで必修です。
小中高で表現運動系・ダンス領域の授業を受けた経験が少ない方、また指導に自信がない方、ぜひ受講してください。
体育・保健体育科の教員になるために、しっかりとした指導力を身につけましょう!
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
なし
 
連絡先(電話番号)  
メールあるいはwebclassで連絡ください。
 
連絡先(メールアドレス)  
erikohアットマークmail.saitama-u.ac.jp
 
オフィスアワー  
授業期間中の火曜日の昼休み
教育学部H棟3階研究室
 
連絡先(ホームページ、その他)  
なし
 
関連ホームページ  
なし
 
その他・備考  
なし
 
ページの先頭へ