タイトル
     2024 年度 前期  教育学部 学校教育教員養成課程 日英区分 :日本語 
  
彫刻基礎実技 I
Sculpture I
  
ナンバリング 科目分野
AE1002   教育学部専門科目
担当教員(ローマ字表記)
  増井 岳人 [MASUI Taketo]
対象学生 対象年次 単位数
  1~4 2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  金3〜4 彫刻実習室
科目群 講義番号
  Y20152
クラス指定  
原則として1,2年生
 
他との関連(関連項目)  
彫刻基礎実技Ⅱ
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
美術(特に彫刻)に興味・関心があること。
 
テーマ・副題  
 彫刻制作における基礎技能の修得
 
授業科目の到達目標  
彫刻表現における基礎的な技能(空間把握と形態の再現)についてデッサンや塑造制作を通じて多角的に学習するとともに、石膏取りなどの専門技術についても体験学習し、美術科における彫刻領域の位置づけと役割についての理解を深める。

 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
美術科の彫刻領域における基礎的な技能を体験的に学修することを目標としている。
 
授業キーワード  
デッサン、モデリング、石膏取り

 
授業の内容  
彫刻を制作するためのデッサンを通じて空間把握の能力を育び自身の頭部をモチーフとして塑造作品を制作し、石膏取りを行なう。
その後様々な素材の制作実習を通じて彫刻表現の多様性を学修する。

 
授業の方法  
作品制作を基本とする実習
 
事前準備学修・事後展開学修  
・事前準備学修
公共に設置してある野外彫刻など、身の回りにある美術作品に興味を持ってみてください。

・事後展開学修
自分が制作している作品を客観視し問題点や改善点を明確にする。
 
授業展開(スケジュール)  
1、オリエンテーション1
2、実習準備 粘土準備
3、デッサン及び、塑造制作についての説明
4、塑造制作(心棒作り) 
5、塑造制作(粗付け)
6、塑像制作(小作り) 
7、塑像制作(小作り) 
8、塑像制作(細部仕上げ) 
9、石膏取り(外型) 
10、石膏取り(外型) 
11、石膏取り(中型) 
12、石膏取り(割出し) 
13、石膏取り(修整) 
14、着色、仕上げ
15、講評①、掃除
16、オリエンテーション2
17、テラコッタ実習説明
18、制作(粗付け)
19、制作(小作り)
20、制作(細部仕上げ)
21、制作 (搔き出し)
22、制作(乾燥させつつ)
23、テラコッタの焼成
24.テラコッタの着色 
25、講評①、掃除
26、ピューターによる金属鋳造実習説明 
27、制作(原型制作)
28、制作(シリコン型制作) 
29、制作(注型)
30、講評③、掃除



 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
 提出された課題(作品)の内容、及び授業への取り組む姿勢を総合的に判断し、成績評価を行う。

 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。
「到達目標を超え、全般的に特に秀でている」 =GP:4 = S
「到達目標を超えており、部分的に秀でている」 =GP:3.5=A+
「到達目標を超えている」 =GP:3 = A
「到達目標に十分達しており、部分的に秀でている」 =GP:2.5=B+
「到達目標に十分達している」 =GP:2 = B
「到達目標に最低限達しており、部分的に B 以上の水準にある」=GP:1.5=C+
「到達目標に最低限達している」 =GP:1 = C
「到達目標に達していない」 =GP:0 = D
「到達目標の達成度を測る材料がない」 =GP:0=F
 
テキスト  
教科書1 ISBN 978-4875865797
書名 現代彫刻アンソロジー = Modern sculpture anthology
著者名 芸術新聞社監修 出版社 芸術新聞社 出版年 2020
備考
教科書2 ISBN 978-4837302025
書名 やさしい美術解剖図
著者名 J. シェパード著 ; IBR訳 出版社 マール社 出版年 1980
備考
備考 なし
 
参考図書  
参考書1 ISBN 978-4875865797
書名 現代彫刻アンソロジー = Modern sculpture anthology
著者名 芸術新聞社監修 出版社 芸術新聞社 出版年 2020
備考
参考書2 ISBN 978-4837302025
書名 やさしい美術解剖図
著者名 J. シェパード著 ; IBR訳 出版社 マール社 出版年 1980
備考
備考 授業中に紹介する
 
学生へのメッセージ  
作品制作においては、刃物の使用など危険をともなう場合があるので、安全・体調管理に十分注意すること。
また、課題によっては材料費がかかるので指示を確認すること。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
20名程度
 
連絡先(電話番号)  
048-858-9299 質問などは、webclassを通じて連絡してください
 
連絡先(メールアドレス)  
fzzz@mail.saitama-u.ac.jp 質問などは、webclassを通じて連絡してください
 
オフィスアワー  
随時
 
連絡先(ホームページ、その他)  
なし
 
関連ホームページ  
なし
 
その他・備考  
質問などは、webclassを通じて連絡してください
 
ページの先頭へ