タイトル
     2024 年度 前期  教養学部 日英区分 :日本語 
  
ヨーロッパ文化専攻卒業研究
Graduation Thesis
  
ナンバリング 科目分野
THEU4008   教養学部専門
担当教員(ローマ字表記)
  ミルン・アラン・ジョージ [Milne Alan George]
対象学生 対象年次 単位数
    8
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  集中  
科目群 講義番号
  F97001
クラス指定  
European Studies classes.
 
他との関連(関連項目)  
European Studies classes and associated subjects related to the UK
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
A strong interest in British and European Studies and a properly considered research topic.
 
テーマ・副題  
Themes are dependent on student's individual interests.
 
授業科目の到達目標  
To enable students consolidate their university education through the production of a properly researched and formatted dissertation conforming to the criteria acceptable for basic academic research using appropriate sources and citations.
 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
教養学部ヨーロッパ・アメリカ文化専修の教育目標1「ヨーロッパとアメリカの文化を研究するための基礎知識を修得する」に関連する科目です。
 
授業キーワード  
Research, self study, British Studies, European Studies, dissertation.
 
授業の内容  
The course is not a course as such, but a series of consultations for advice on writing a research based dissertation based on student's own interests and their majors. The course is intended to provide the educational skills for students to be able to research, write and present a quality graduation dissertation.
 
授業の方法  
Regular appointments for consultations on progress of research and advice for study and research skills is the basic course format. Students are required to seek academic consultation on a regular basis and to report about their writing/research progress. Failure to attend regular consultations may result in a negative evaluation.

オンライン授業でもキャンパス授業でも授業形式に違いはありません。

 
事前準備学修・事後展開学修  
A)[15回の授業で2単位の科目] 授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
B)[15回の授業で1単位の科目]  授業1回あたり合計1時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
C)[8回の授業で1単位の科目(新設のAL科目など)]  授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。

授業 1 回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。 なお、事前学修においては指定された範囲の資料をよく読み、疑問点をピックアッ プしておいてください(1時間程度)。また、事後学修においては、授業内容の重 要ポイントを整理し、指定された課題に取り組んでください(3時間程度)。
 
授業展開(スケジュール)  
There is no weekly syllabus. Consultations are dependent on student needs but consultations should be regular.
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
Grading is based on regular consultations, participation in group activities, the quality of set presentations set by the European Studies department and the quality of the final dissertation submission.
 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。
「到達目標を超え、全般的に特に秀でている」 =GP:4 = S
「到達目標を超えており、部分的に秀でている」 =GP:3.5=A+
「到達目標を超えている」 =GP:3 = A
「到達目標に十分達しており、部分的に秀でている」 =GP:2.5=B+
「到達目標に十分達している」 =GP:2 = B
「到達目標に最低限達しており、部分的に B 以上の水準にある」=GP:1.5=C+
「到達目標に最低限達している」 =GP:1 = C
「到達目標に達していない」 =GP:0 = D
「到達目標の達成度を測る材料がない」 =GP:0=F
 
テキスト  
備考 There are no recommended textbooks for this class. Please refer to the Reference Books section.
 
参考図書  
参考書1 ISBN ISBN-10: 1857036
書名 Writing Your Dissertation, 3rd Edition
著者名 Swetnam, D. 出版社 How to books 出版年 2000
備考
参考書2 ISBN ISBN-10: 4140911
書名 新版 論文の教室 レポートから卒論まで
著者名 戸田山 和久 出版社 NHKブックス 出版年 2012
備考
 
学生へのメッセージ  
Students are requested to keep in regular contact and set up regular meetings for advice on research, writing and discussing any difficulties they might have with the research process. I may also set up group discussions in class or via Zoom where participants can exchange ideas and help each other through brainstorming activities.
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
N/A
 
連絡先(電話番号)  
milnealan67@gmail.com
 
連絡先(メールアドレス)  
milnealan67@gmail.com
 
オフィスアワー  
In principle, Tuesdays 12:30~13:30. The most convenient way to arrange a meeting is to contact me at milnealan67@gmail.com and I can set up a Zoom chat with a more flexible time frame.
 
連絡先(ホームページ、その他)  
N/A
 
関連ホームページ  
N/A
 
その他・備考  
研究テーマを決定するときは、研究資料や読み物が利用できるかどうかを考慮してください。 多くの場合、アイデアは良いのですが、良い論文を書くための十分なリソースがありません。 明確なスケジュールを立てて、夏休みが終わる前に書き始めることを目指しましょう。 この時点で完璧である必要はありません。書くという行為自体がアイデアを生み出すのに役立つため、目的は書き始めることです。 アイデアから、論文の焦点が明確になります。
 
ページの先頭へ