タイトル
     2023 年度 前期  教育学部 学校教育教員養成課程 日英区分 :日本語 
  
幼児と健康
Mental and Physical Health of Young Children
  
ナンバリング 科目分野
    教育学部専門科目
担当教員(ローマ字表記)
  鈴木 慶子 [SUZUKI Keiko]
対象学生 対象年次 単位数
  1~4 1
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  月4 総合体育館
科目群 講義番号
  Y38310
クラス指定  
教育学部
 
他との関連(関連項目)  
なし
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
身につけていることが望ましい
 
テーマ・副題  
なし
 
授業科目の到達目標  
・人の成長過程における成熟の概念や,身体発育の一般的な推移を理解し,
・発育発達期のスポーツ(運動・遊び)のあり方について論理的・多面的に思考し,
・自らの考えや意見を自らの言葉で表現できるようになること,
 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
力量のある質の高い教員を養成するために、幼児や健康に関する専門的な知識を身につけるための科目である.
 
授業キーワード  
幼児、幼児体育、スポーツ、健康
 
授業の内容  
本授業では,発育発達期の身心の特徴について学び,スポーツ(運動・遊びも含めて)との関連について学びます.
具体的には,
 ①主にスポーツ(運動・遊び)との関連が深い身体の形態や機能について,その発育発達の特徴を解説します.
 ②スポーツ(運動・遊び)が身心の発育発達に及ぼす影響について国内外の研究結果などを交えつつ解説します.
また,これらのことを踏まえ,発育発達期におけるスポーツ(運動・遊び)のあり方について考えたり,議論を交わしたりしながら理解を深めていきます.
※受講者の人数や理解度によって,授業の進め方や内容が一部変わることがあります.
 
授業の方法  
対面での実技形式の授業です。対面授業の継続が困難とされた場合、Zoomによるリアルタイム方式で行います。

事前準備学修:学習指導要領の内容整理
事後展開学修:提示された課題へのレポート提出
 
事前準備学修・事後展開学修  
授業1回あたり合計1時間(15回分を平均すると)の事前準備・事後展開学修が目安となります。
なお、事前学習においては指定された資料をよく読み疑問点をピックアップしておいてください。また、事後学修においては授業内容の重要ポイントを整理し、指定された課題やコメントペーパーへのリフレクションに取組んでください。
 
授業展開(スケジュール)  
第1回 ガイダンス
第2回 年齢に囚われない”成熟”の捉え方
第3回 スポーツにおける”成熟”の視点
第4回 発育発達期のスポーツのあり方
第5回 スキャモンの発育曲線
第6回 神経系の発達とスポーツ
第7回 呼吸循環機能の発達とスポーツ
第8回 筋の発育とスポーツ
第9回 骨の発育とスポーツ
第10回 発育発達期に多いスポーツ外傷・障害
第11回 心理的発達とスポーツ
第12回 発育発達期の運動・スポーツプログラム
第13回 障害者とスポーツ①:多様な発達特性を持つ子ども
第14回 障害者とスポーツ②:多様な発達とスポーツ
第15回 まとめ(授業内試験の実施)
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
出席が2/3以上で評価の対象者とします。
試験(50%)、毎時間のコメントペーパー(30%)、小レポート(20%)を総合して評価します。
 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。
「到達目標を超え、全般的に特に秀でている」 =GP:4 = S
「到達目標を超えており、部分的に秀でている」 =GP:3.5=A+
「到達目標を超えている」 =GP:3 = A
「到達目標に十分達しており、部分的に秀でている」 =GP:2.5=B+
「到達目標に十分達している」 =GP:2 = B
「到達目標に最低限達しており、部分的に B 以上の水準にある」=GP:1.5=C+
「到達目標に最低限達している」 =GP:1 = C
「到達目標に達していない」 =GP:0 = D
「到達目標の達成度を測る材料がない」 =GP:0=F
 
テキスト  
教科書1 ISBN 9784491023755
書名 小・中学校学習指導要領(平成29年告示)解説 体育編,保健体育編
著者名 出版社 出版年 2018
備考
教科書2 ISBN 978482781563
書名 画像を拡大する 幼稚園教育要領 平成29年3月 告示
著者名 出版社 出版年
備考
教科書3 ISBN
書名
著者名 出版社 教育出版 出版年
備考
 
参考図書  
備考 必要に応じて紹介する。
 
学生へのメッセージ  
教える側に立つために,主体的に楽しく勉強しましょう。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
60名
 
連絡先(電話番号)  
必要に応じて授業内で提示
 
連絡先(メールアドレス)  
suzuki.keiko@surugadai.ac.jp
 
オフィスアワー  
授業開講期間中の月曜日、3時限
 
連絡先(ホームページ、その他)  
メールアドレスへ
 
関連ホームページ  
なし
 
その他・備考  
なし
 
ページの先頭へ