タイトル
     2023 年度 前期  教育学部 学校教育教員養成課程 日英区分 :日本語 
  
生徒・進路指導論
Guidance for School life and Career
  
ナンバリング 科目分野
CSTP2005   教育学部専門科目
担当教員(ローマ字表記)
  中井 大介, 村野 香織 [NAKAI Daisuke, Murano, Kaori]
対象学生 対象年次 単位数
  2~4 2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  木1 教育A114講義室
科目群 講義番号
  Y34031
クラス指定  
あり
 
他との関連(関連項目)  
教職専門科目
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
2年次配当科目 ※2016年度以前入学者で「生徒・進路指導論(初等)」「同(中等)」として履修する学生は、科目コードが異なるので、学務係に問い合わせて下さい。生徒・進路指導の大まかな全体像をイメージできていることが望ましい。
 
テーマ・副題  
・子どもの生活と学びや自立に向けた諸問題
・行動上の問題を示す子どもの理解と対応

 
授業科目の到達目標  
・児童にとっての学校の意味と、そこでの活動及び生徒指導と進路指導について理解する。
・教師にとっての生徒指導と進路指導の意味について理解する。
・地域社会の中での子どもの育ちとそこでの支援について理解する。
 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
1 専門的な深い知識・技能を修得させるための教育
(1)学校教育教員養成
①教員養成基礎科目:教職に関する専門的な知識・技能を修得する。
 
授業キーワード  
児童・生徒指導,進路指導,評価,発達・自立,いじめ,不登校,学級,学校
 
授業の内容  
学校における子どもの生活と育ちに関わる諸問題について、基礎的知識を身につけ対応の基礎を学ぶとともに、考察力を養います。社会変化のなかにあって、今を生きる子どもたちの現実、学校現場の現実をふまえながら、子どもの育ちにおける学び・つながりと自立について、児童期・思春期の子ども理解の視点で実践から学びます。
 
授業の方法  
中井大介,村野香織が担当します。授業の進め方と授業前後の学習については各担当者が指示します。第1回・第2回・第15回(中井担当)は教室にて対面授業を行います。第3回以降(村野担当)も教室にて対面授業で行う予定です。※授業形態は変更されることがあるので,WebClassで確認してください。

 
事前準備学修・事後展開学修  
A)[15回の授業で2単位の科目] 授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
B)[15回の授業で1単位の科目]  授業1回あたり合計1時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
C)[8回の授業で1単位の科目(新設のAL科目など)]  授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
 
授業展開(スケジュール)  
以下を予定しています。開講時に改めて説明します。
第1回  生徒指導・進路指導とは何か(中井)
第2回  児童生徒理解の基本(中井)
第3回  動機づけ(1)(村野)
第4回  動機づけ(2)(村野)
第5回  教育評価(1)(村野)
第6回  教育評価(2)(村野)
第7回  学級集団(1)(村野)
第8回  学級集団(2)(村野)
第9回  子どもの問題行動の理解と対応(1)(村野)
第10回 子どもの問題行動の理解と対応(1)(村野)
第11回 子どものメンタルヘルス(1)(村野)
第12回 子どものメンタルヘルス(2)(村野)
第13回 カウンセリングマインド(1)(村野)
第14回 カウンセリングマインド(2)(村野)
第15回 キャリア・カウンセリング-基礎的な考え方と実践方法(中井)
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
各担当教員の評価を総合して成績を決定します。各担当教員の評価は,授業時あるいは担当終了時に求める提出物などの学習成果を中心になされます。中井担当分については、小テスト80%,授業の参加状況20%で評価する。
 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。
「到達目標を超え、全般的に特に秀でている」 =GP:4 = S
「到達目標を超えており、部分的に秀でている」 =GP:3.5=A+
「到達目標を超えている」 =GP:3 = A
「到達目標に十分達しており、部分的に秀でている」 =GP:2.5=B+
「到達目標に十分達している」 =GP:2 = B
「到達目標に最低限達しており、部分的に B 以上の水準にある」=GP:1.5=C+
「到達目標に最低限達している」 =GP:1 = C
「到達目標に達していない」 =GP:0 = D
「到達目標の達成度を測る材料がない」 =GP:0=F
 
テキスト  
備考 適宜,授業時に資料を配付します。
 
参考図書  
備考 適宜,授業時に資料を配付します。
 
学生へのメッセージ  
生徒指導提要(改訂版)に目を通すようにしておいてください。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
教室の規模等、状況に応じて制限
 
連絡先(電話番号)  
必要に応じて授業内で提示
 
連絡先(メールアドレス)  
nakaid@mail.saitama-u.ac.jp
 
オフィスアワー  
授業後,もしくはメールにてアポイントをお取りください。
 
連絡先(ホームページ、その他)  
各教員のほか,心理・教育実践学講座の中井大介が窓口になります。
 
関連ホームページ  
なし
 
その他・備考  
なし
 
ページの先頭へ