タイトル
     2023 年度 後期  教育学部 学校教育教員養成課程 日英区分 :日本語 
  
教職実践演習(小・中・高)
Practical Seminar for Teaching Profession
  
ナンバリング 科目分野
CSTP4001   教育学部専門科目
担当教員(ローマ字表記)
  安藤 聡彦, 北田 佳子, 田代 美江子, 山田 恵吾, 福島 賢二, 長嶺 宏作 [Toshihiko Andoh, Kitada, Yoshiko, Mieko Tashiro, Yamada, Keigo, Fukushima, Kenji, NAGAMINE Kohsaku]
対象学生 対象年次 単位数
  4 2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  集中  
科目群 講義番号
  Y32950
クラス指定  
教育学専修4年生、および、過年度生
 
他との関連(関連項目)  
全ての教職科目。
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
特になし
 
テーマ・副題  
教職の使命感や責任感を再確認し、子ども理解や強化指導力に関する研究成果を演習方式を通じて再学習し、コミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を高める。
 
授業科目の到達目標  
①教育現場の現代的課題を再確認する。②子ども理解に対する理解を深める。③対人関係能力、プレゼンテーション能力を高める。④これまで学習・実習してきた教職に関わる知見・技量を総合し、理論と実践を有機的に統合する。
 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
現場経験を踏まえた実践面での資質を高めるための科目である。
 
授業キーワード  
教育課題・教育改革・教師の仕事・教育法規・道徳教育・生徒指導・授業構成・教師としての資質・授業実践
 
授業の内容  
①現職教員との交流を通じて、教育現場の現代的課題を再確認する。②演習を通じて、子ども理解やプレゼンテーション能力を高める。③集団活動を通じて、社会的規律、学級集団作り、対人関係能力を高める。これまで学習・実習してきた教職に関わる知見・技量を総合し、理論と実践の有機的な統合ができるよう、学生の主体的な参加による演習と集団活動を実施する。
 
授業の方法  
講義と演習。対面での実施を予定しているが、完全状況によりオンライン、あるいは、オンデマンド授業に切り替える可能性がある。
 
事前準備学修・事後展開学修  
15回の授業で2単位の科目] 授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
 
授業展開(スケジュール)  
第1回 授業案内。
第2回 学生による演習設計①-履修履歴の把握-
第3回 学生による演習設計②-問題の認識と課題の明確化-
第4回 現職教員の講話と交流①-子ども理解-
第5回 現職教員の講話と交流②-保護者や地域との連携ー
第6回 現職教員の講話と交流③ー同僚との連携ー
第7回 学習集団による振り返り活動①-発表の計画・立案-
第8回 学習集団による振り返り活動②-発表の準備-
第9回 学習集団による振り返り活動③-発表①-
第10回 学習集団による振り返り活動④-発表②-
第11回 学習集団による振り返り活動⑤-発表③-
第12回 学習集団による振り返り活動⑥-総括①発表の振り返り-
第13回 学習集団による振り返り活動⑥-総括②発表内容を将来につなげるために-
第14回  教師として働く学校の一日・一年〜子どもの命と健康を守る視点を含めて~
第15回  教師になること・教えるということ~教育学部での学びを振り返って~
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
演習への取り組み状況、演習での発表、その他企画への参加状況、および演習レポートによって総合的に評価する。
 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。
「到達目標を超え、全般的に特に秀でている」 =GP:4 = S
「到達目標を超えており、部分的に秀でている」 =GP:3.5=A+
「到達目標を超えている」 =GP:3 = A
「到達目標に十分達しており、部分的に秀でている」 =GP:2.5=B+
「到達目標に十分達している」 =GP:2 = B
「到達目標に最低限達しており、部分的に B 以上の水準にある」=GP:1.5=C+
「到達目標に最低限達している」 =GP:1 = C
「到達目標に達していない」 =GP:0 = D
「到達目標の達成度を測る材料がない」 =GP:0=F
 
テキスト  
備考 テキストはなし。適宜参考資料を配付する。
 
参考図書  
備考 授業中に紹介する。
 
学生へのメッセージ  
大学における教職専門科目の締めくくりの授業として、積極的に参加して欲しい。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
特になし
 
連絡先(電話番号)  
授業内で提示する。
 
連絡先(メールアドレス)  
授業内で提示する。
 
オフィスアワー  
授業内で提示する。
 
連絡先(ホームページ、その他)  
該当なし
 
関連ホームページ  
該当なし
 
その他・備考  
授業の日程や教室などは、Webclassを通じて後期開始前に連絡を致します。具体的な授業実施方法については、初回の講義にて連絡します。必ずWebclassからの連絡が受け取れるようにご準備下さい。
 
ページの先頭へ