タイトル
     2023 年度 前期  教育学部 学校教育教員養成課程 日英区分 :日本語 
  
教育学概説A(本質)
Foundation of Education A (Principles)
  
ナンバリング 科目分野
CSTP1002   教育学部専門科目
担当教員(ローマ字表記)
  小磯 政行 [KOISO Masayuki]
対象学生 対象年次 単位数
  1~4 2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  木3 全学講義棟 1-203
科目群 講義番号
  Y32016
クラス指定  
 教育学部生
 
他との関連(関連項目)  
 
 
 教育学概説B
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
 なし
 
テーマ・副題  
「教育・教師の専門性」について
 
授業科目の到達目標  
「教育とは何か、教師の専門性とは何か」を探究する。具体的には、昨今の教育・学校の現状を踏まえ、課題解決に向けて、自身の考えを持つことができる。加えて、人権の尊重を根底に置き、子どもをどう理解し、学級経営や学習指導に生かし、どの様に組み立てていけばよいかを考えることができる。
 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
 力量のある質の高い教員を養成するために、教育に関する専門的な知識の土台を構築するための科目です。
 
授業キーワード  
 「つなぐ,つなげる」、子ども理解、人権、共生
 
授業の内容  
 教育・学校の抱える課題を明らかにして、学校現場の教師が、どのように子どもを理解して、具体的にどう実践を進めていけばよいのかを探ります。地域・保護者との関わりについても取り上げます。
 
授業の方法  
 一方的な講義だけでなく、グループワークや討論、全体での意見交換などに取り組みます。
 
事前準備学修・事後展開学修  
A)[15回の授業で2単位の科目]授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
B)[15回の授業で1単位の科目]授業1回あたり合計1時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
C)[8回の授業で1単位の科目(新設のAL科目など)]授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となりま
   す。
 
授業展開(スケジュール)  
1.オリエンテーション
2.子どもを取り巻く現状と学校教育の課題について
3.子どもの人権と教育を考える
4.子ども理解を教育実践につなげていくとはどういうことか
5.子ども同士の関係をつなぐ学級づくりについて
6.民主的な学級づくりを目指す実践報告から学ぶ
7.特別な支援を必要とする子どもたち
8.いじめ問題に取り組む教育実践の検討
9.不登校について考える
10.「主体的・対話的な深い学び」や「個別最適な学び」など現在の学力・学習をめぐる議論についての考察
11.競争教育から共生教育へ 
12.小学校「英語教育」と「道徳教育」の実際と課題解決に向けて
13.「子ども発」の学びをどう展開するか
14.子どもの世界が広がる学びとは何か
15.地域・保護者とどうつながるか、つなげるか
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
 毎回のリアクションペーパーと期末レポートで評価します。
 授業の内容を理解した上で、自身の考えを持つことを重視します。
 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。
「到達目標を超え、全般的に特に秀でている」 =GP:4 = S
「到達目標を超えており、部分的に秀でている」 =GP:3.5=A+
「到達目標を超えている」 =GP:3 = A
「到達目標に十分達しており、部分的に秀でている」 =GP:2.5=B+
「到達目標に十分達している」 =GP:2 = B
「到達目標に最低限達しており、部分的に B 以上の水準にある」=GP:1.5=C+
「到達目標に最低限達している」 =GP:1 = C
「到達目標に達していない」 =GP:0 = D
「到達目標の達成度を測る材料がない」 =GP:0=F
 
テキスト  
備考 特に指定しません。授業で必要な資料は用意します。
 
参考図書  
備考 授業内で随時紹介します。
 
学生へのメッセージ  
 小学校現場での経験を活かして、実践的な授業展開を考えています。様々な教育実践から「教育とは何か」ということを自分なりに導き出していってほしいと思います。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
なし
 
連絡先(電話番号)  
なし
 
連絡先(メールアドレス)  
tomina536@outlook.jp
 
オフィスアワー  
 授業の前後、授業後のリアクションペーパーでお願いします。
 
連絡先(ホームページ、その他)  
なし
 
関連ホームページ  
なし
 
その他・備考  
なし
 
ページの先頭へ