タイトル
     2023 年度 前期  教育学部 学校教育教員養成課程 日英区分 :日本語 
  
応用言語学演習 IA
Advanced Seminar in Applied Linguistics IA
  
ナンバリング 科目分野
ELE3041   教育学部専門科目
担当教員(ローマ字表記)
  及川 賢 [Ken Oikawa]
対象学生 対象年次 単位数
  3~4 1
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  火3 H棟LL教室
科目群 講義番号
  Y28252
クラス指定  
英語専修生のみ
 
他との関連(関連項目)  
応用言語学演習ⅠB
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
中学校コースの学生は英語科指導法A〜Dのうち3つ以上を履修していることが望ましい。
 
テーマ・副題  
「英語授業の指導技術」及び「英語運用力」の向上
 
授業科目の到達目標  
英語教師としてふさわしい音読、オーラルイントロダクション、言語活動作成等ができること。
 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
「③学部における人材養成の目的に合致した資質・能力の獲得に関連する事柄」の「力量のある教員に必要な知識・技能を活用できる能力」である「教科や専門分野に関する知識・技能を指導に生かすための方法的技術」と「教育実践を通した子供理解と実践的指導力」を育成する。
 
授業キーワード  
英語教育学、授業、運用力
 
授業の内容  
英語授業を行う上で必要となる基本的技能の習得
 
授業の方法  
micro-teaching等、具体的な授業場面に近い形で行う
 
事前準備学修・事後展開学修  
A)[15回の授業で2単位の科目] 授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
B)[15回の授業で1単位の科目]  授業1回あたり合計1時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
C)[8回の授業で1単位の科目(新設のAL科目など)]  授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
 
授業展開(スケジュール)  
第1回 オリエンテーション
第2〜6回:授業ビデオ視聴、指導案作成、音読練習
第7〜9回:言語活動の実際
第10〜14回:授業ビデオ視聴、指導案作成、音読練習
第15回:まとめ
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
英語力そのものや授業内で行うmicro-teachingの技能(30点)
月に1冊ずつ書籍を各自が講読し、簡単なレポートを提出する(5点×4)。
学外の研究会・勉強会に1回以上参加して、簡単なレポートを提出する(10点)。

上記の合計に出席率を勘案して評価する。
 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。
「到達目標を超え、全般的に特に秀でている」 =GP:4 = S
「到達目標を超えており、部分的に秀でている」 =GP:3.5=A+
「到達目標を超えている」 =GP:3 = A
「到達目標に十分達しており、部分的に秀でている」 =GP:2.5=B+
「到達目標に十分達している」 =GP:2 = B
「到達目標に最低限達しており、部分的に B 以上の水準にある」=GP:1.5=C+
「到達目標に最低限達している」 =GP:1 = C
「到達目標に達していない」 =GP:0 = D
「到達目標の達成度を測る材料がない」 =GP:0=F
 
テキスト  
備考 詳しくは授業時に指示する。
 
参考図書  
参考書1 ISBN 4327410705
書名 英語授業の心・技・体
著者名 靜哲人著 出版社 研究社 出版年 2009
備考
参考書2 ISBN 9784469246520
書名 英語授業の「型」づくり : おさえておきたい指導の基本
著者名 語学教育研究所編著 ; 小菅和也 [ほか] 執筆 出版社 大修館書店 出版年 2021
備考
参考書3 ISBN 9784894765429
書名 成長する英語教師をめざして : 新人教師・学生時代に読んでおきたい教師の語り
著者名 柳瀬陽介, 組田幸一郎, 奥住桂編 出版社 ひつじ書房 出版年 2011
備考
参考書4 ISBN 9784895289856
書名 英語の授業が変わる50のポイント
著者名 太田洋著 出版社 光村図書出版 出版年 2016
備考
参考書5 ISBN 9784758922012
書名 英語指導技術ガイドQ&A : 授業の悩みにこたえる26のレシピ
著者名 語学教育研究所編 出版社 開拓社 出版年 2014
備考
備考 適宜紹介する。
 
学生へのメッセージ  
英語教育に対する熱意・関心を持った学生の積極的受講を希望します。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
15名まで。15名を超えた場合については、ガイダンス等で指示する。
 
連絡先(電話番号)  
048-858-3186
 
連絡先(メールアドレス)  
oikawa930@gmail.com
 
オフィスアワー  
授業開講期間中の金曜日3時限
 
連絡先(ホームページ、その他)  
 なし
 
関連ホームページ  
なし
 
その他・備考  
 なし
 
ページの先頭へ