タイトル
     2023 年度 後期  教育学部 学校教育教員養成課程 日英区分 :日本語 
  
初等体育科指導法
Teaching Methods in Physical Education for Elementary School
  
ナンバリング 科目分野
CSTP2015   教育学部専門科目
担当教員(ローマ字表記)
  有川 秀之 [Hideyuki Arikawa]
対象学生 対象年次 単位数
  2~4 2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  水2 教育A214講義室
科目群 講義番号
  Y22034
クラス指定  
小学校コース国語・理科専修の2年生対象、
3年生・中学校コース2年の人は要相談
 
他との関連(関連項目)  
初等体育科概説、体育実技
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
初等体育科概説を履修しておくことが望ましい
 
テーマ・副題  
体育の先生になって模擬授業をやってみよう!
 
授業科目の到達目標  
体育科の指導内容を習得することができ、指導案の作成や模擬授業を行うことによって、体育科の指導方法を習得することができるようになる。
 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
多様な学校種における主体的で豊かな人間性を身につけた力量ある質の高い教員を養成するために、専門的な深い知識の修得に関連する事柄として、教科や専門分野に関する専門的な知識・技能を身につけるための科目である。
 
授業キーワード  
小学校学習指導要領、体育、指導計画、模擬授業
 
授業の内容  
小学校学習指導要領の体育科の目標および内容について、そして指導計画の作成について解説する。その後、3~4人のグループによって模擬授業を行ない、授業内容や進め方について検討する。
 
授業の方法  
 授業は、対面で講義と模擬授業(体育実技)を含む演習で実施する。感染状況が悪化し、埼玉大学として対面授業の継続が困難という決定がなされた場合、本授業は、参加者を限定したり、オンラインを利用したりして、模擬授業のビデオ映像を視聴し、授業参加とする。具体的な情報はWebclassで知らせる。
各グループが担当して行なう模擬授業は45分間とし、同時並行で2グループが行なうので、教師役以外はいずれかの授業に児童役となり参加する。模擬授業後に教材ごとに授業者と学習者とで意見交換を行ない、理解を深めていく。毎回出席を確認する。最後にレポート(指導案)課題を提示し、1週間程度で提出する。
 
事前準備学修・事後展開学修  
授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。なお、事前学習においては指定された範囲の資料をよく読み、疑問点をピックアップしておいてください(1時間程度)。また、事後学修においては、授業内容の重要ポイントを整理し、指定された課題に取り組んでください(3時間程度)。

 
授業展開(スケジュール)  
第1回 ガイダンス-授業の概要と進め方-
     授業の概要と進め方を説明する。
第2回 模擬授業グループ分けおよび体育授業体験    
     グループ分けおよび授業のビデオを視聴する。
第3回 学習指導計画の作成   
     プロジェクター、スライド等を用いて作成方法を説明する。
第4回 学習指導要領の解説
     体育科の目標および内容について説明する。
第5回 模擬授業①(走運動遊び・幅跳び)

第6回 模擬授業②(リレー・ハードル)

第7回 模擬授業③(マット・鉄棒)

第8回 模擬授業④(跳び箱・マット)

第9回 模擬授業⑤(跳び箱・鉄棒)

第10回 模擬授業⑥(マット・鉄棒)

第11回 模擬授業⑦(力試し・体ほぐし)
                     
第12回 模擬授業⑧(ボール・バスケット)

第13回 模擬授業⑨(短なわ・長なわ)

第14回 まとめ ①(模擬授業における課題)

第15回 まとめ ②(授業全体のまとめをし、レポート課題を説明する)

第16回 レポート提出
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
レポート、模擬授業発表、授業への参加態度により総合的に成績評価を行う。
レポートの点数(50%)、発表の点数(20%)、授業への参加態度(30%)
 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。
「到達目標を超え、全般的に特に秀でている」 =GP:4 = S
「到達目標を超えており、部分的に秀でている」 =GP:3.5=A+
「到達目標を超えている」 =GP:3 = A
「到達目標に十分達しており、部分的に秀でている」 =GP:2.5=B+
「到達目標に十分達している」 =GP:2 = B
「到達目標に最低限達しており、部分的に B 以上の水準にある」=GP:1.5=C+
「到達目標に最低限達している」 =GP:1 = C
「到達目標に達していない」 =GP:0 = D
「到達目標の達成度を測る材料がない」 =GP:0=F
 
テキスト  
教科書1 ISBN
書名 小学校学習指導要領(平成29年度告示)解説 体育編
著者名 文部科学省 出版社 東洋館出版社 出版年 H30
備考
 
参考図書  
参考書1 ISBN
書名 中学校学習指導要領(平成29年告示)解説 保健体育編
著者名 文部科学省 出版社 東山書房 出版年 H30
備考
 
学生へのメッセージ  
小学校体育科の授業にすぐにでも対応できるよう展開していきます。また、授業で取り上げる模擬授業は、各自の運動技能の向上にも役立つはずです。休まず受講してください。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
80名程度
 
連絡先(電話番号)  
048-858-3657
 
連絡先(メールアドレス)  
0h1a2r3i4k5a6w7a8@mail.saitama-u.ac.jp
 
オフィスアワー  
授業開講期間中の毎週水曜日、昼休み・3時限目
教育学部H棟4階402
なお、臨時の会議や出張などで不在にする場合があります。
 
連絡先(ホームページ、その他)  
なし
 
関連ホームページ  
なし
 
その他・備考  
 なし
 
ページの先頭へ