タイトル
     2023 年度 前期  教育学部 学校教育教員養成課程 日英区分 :日本語 
  
初等体育科概説
Introduction to Physical Education for Elementary School
  
ナンバリング 科目分野
CSTP1013   教育学部専門科目
担当教員(ローマ字表記)
  菊原 伸郎 [Nobuo Kikuhara]
対象学生 対象年次 単位数
  1~4 1
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  水1 教育C1講義室
科目群 講義番号
  Y22011
クラス指定  
教育学部 
クラス指定あり:小(教・国・英)、乳・副(2年次以上)
 
他との関連(関連項目)  
スポーツ実技
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
なし
 
テーマ・副題  
小学校体育授業を担当する教師の心構えと体育科教育の目的を理解する
 
授業科目の到達目標  
小学校における「体育科教育」の理解力を高める。体育の領域と分野の現状を理解することと併せて、領域と分野の狙いを学年ごとに異なる点を学び理解すること。
 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
児童が個人でもグループでも「運動やスポーツを楽しむ心を養う」課題に対して、教師が備えておくべき知識と考え方を本講義を通じて学び探っていく、基礎的な体育科教育を理解するための授業として位置づけている。
 
授業キーワード  
体育の教育的価値、基礎基本の技術・技能の習得、戦術指導、インクルーシブ体育(教育)、マインドスポーツ
 
授業の内容  
小学校体育授業における教師が持つべき知識と考え方について、小学校学習指導要領の内容を踏まえ進めていく。
現在実施されている領域・分野と併せて、「体力」、「マインドスポーツ」、「アダプテッドスポーツ(障がい者スポーツ)」の教材としての可能性を学生が主体となって探っていく。
授業を通じて、「学習指導要領」と「これからの子供たちに獲得させる体力」について考え理解を深めていく。
 
授業の方法  
講義(前半)および実技(後半) 形式で授業を行う。
 
事前準備学修・事後展開学修  
授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
 
授業展開(スケジュール)  
第1回 ガイダンス(学習指導要領 体育)
第2回 体育授業を通じて児童に獲得させたい力について 
第3回 ボールゲームの本質と教育課題
第4回 体育施設の視察と運動領域(*天候によって、授業内容を入れ替えることがある) 
第5回 ボール操作と運動構造
第6回 障がい者スポーツの新たな活用法(目隠し遊び *書籍参考)
第7回 ニュースポーツおよび、eスポーツとマインドスポーツの活用法を考える
第8回 まとめ(レポート)

*5回目から6回目の授業は総合体育館集合(運動のできる格好と屋内用シューズ持参)
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
知識:期末テストまたはレポートにて体育科教育に関する理解度を評価する(40%)
実技の授業中に行う小レポート(30%)
実技の取り組む姿勢(出席含む)と小レポートにて理解度を評価する(30%)
 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。
「到達目標を超え、全般的に特に秀でている」 =GP:4 = S
「到達目標を超えており、部分的に秀でている」 =GP:3.5=A+
「到達目標を超えている」 =GP:3 = A
「到達目標に十分達しており、部分的に秀でている」 =GP:2.5=B+
「到達目標に十分達している」 =GP:2 = B
「到達目標に最低限達しており、部分的に B 以上の水準にある」=GP:1.5=C+
「到達目標に最低限達している」 =GP:1 = C
「到達目標に達していない」 =GP:0 = D
「到達目標の達成度を測る材料がない」 =GP:0=F
 
テキスト  
教科書1 ISBN
書名 目隠し遊びで始めるインクルーシブ教育
著者名 菊原伸郎 出版社 大修館書店 出版年 2022
備考
教科書2 ISBN
書名 小学校学習指導要領解説 体育編
著者名 文部科学省 出版社 出版年 2018
備考 2年次「初等体育科指導法」の授業でも使います
 
参考図書  
備考 授業時に紹介する
 
学生へのメッセージ  
本授業では、これから教師として「体育」を教えるための準備として、学校教育の教科としての「体育」の意義を探る授業を展開します。グループワークや実技の際に、オープンマインドで積極的に取り組み、より良い体育授業を担当するベースを築いていきましょう。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  

クラス指定を要確認。
 
連絡先(電話番号)  
なし
 
連絡先(メールアドレス)  
kikuhara@mail.saitama-u.ac.jp
 
オフィスアワー  
前期 木曜12:15~12:40  教育学部H棟3階 菊原研究室
 
連絡先(ホームページ、その他)  
該当なし
 
関連ホームページ  
該当なし
 
その他・備考  
該当なし
 
ページの先頭へ