タイトル
     2023 年度 後期  教育学部 学校教育教員養成課程 日英区分 :日本語 
  
中等美術科指導法D
Method of Art Teaching D for Lower Secondary School
  
ナンバリング 科目分野
CSTP2036   教育学部専門科目
担当教員(ローマ字表記)
  内田 裕子 [Uchida, Yuko]
対象学生 対象年次 単位数
  2~4 2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  金3 教育A213講義室
科目群 講義番号
  Y20065
クラス指定  
 なし
 
他との関連(関連項目)  
 ミュージアム・コラボレーション等の,図画工作科・美術科に関する一連の科目。
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
 美術館等の社会教育施設での表現及び鑑賞の経験を多数有することが望ましい。
 
テーマ・副題  
 表現及び鑑賞に関する教材開発
 
授業科目の到達目標  
 美術科に関する教材開発力を修得する。
 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
 力量ある美術科教員に必要な造形美術に関わる専門的な知識・技能を習得する科目である。
 
授業キーワード  
 教材,材料,用具,構成,平面,立体
 
授業の内容  
 開発した教材の学習指導案を作成し,更に模擬授業を実施し協議する。
 
授業の方法  
・本授業は対面で行います。但し,状況によってはオンライン等に変更する場合があります。その際は,WebClass等からお知らせ致しますので,ご確認下さい。
・事前準備学修では,教材を開発し,事後展開学修では,学習指導案を作成します。
・授業では,前半に模擬授業を行い,後半は開発教材に関する協議を行います。
・本授業は、講義と演習を含めた授業です。
・「授業展開」に記載する各回の内容は変更になる場合があります。
 
事前準備学修・事後展開学修  
 授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
 
授業展開(スケジュール)  
No.内容
第1回 オリエンテーション
第2回 教材開発概論
第3回 「面白い」美術教材
第4回 「金属」の美術教材
第5回 「色」の美術教材
第6回 「構成」の美術教材
第7回 「球」の美術教材
第8回 「ハニカムシート」の美術教材
第9回 「絹」の美術教材
第10回 「現代」をテーマにした美術教材
第11回 「共同」をテーマにした美術教材
第12回 「協働」をテーマにした美術教材
第13回 「セラピー」をテーマにした美術教材
第14回 「視覚障害者」のための美術教材
第15回 総括
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
・毎時の事前準備学修及び事後展開学修(35%),授業時の演習課題(35%),期末課題(30%)の成果を合わせて評価する。
・4回以上欠席した場合は成績評価の対象としない。
 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。
「到達目標を超え、全般的に特に秀でている」 =GP:4 = S
「到達目標を超えており、部分的に秀でている」 =GP:3.5=A+
「到達目標を超えている」 =GP:3 = A
「到達目標に十分達しており、部分的に秀でている」 =GP:2.5=B+
「到達目標に十分達している」 =GP:2 = B
「到達目標に最低限達しており、部分的に B 以上の水準にある」=GP:1.5=C+
「到達目標に最低限達している」 =GP:1 = C
「到達目標に達していない」 =GP:0 = D
「到達目標の達成度を測る材料がない」 =GP:0=F
 
テキスト  
教科書1 ISBN 978-4536590136
書名 中学校学習指導要領(平成29年告示)解説 美術編
著者名 文部科学省 [編] 出版社 日本文教出版 出版年 2018
備考
教科書2 ISBN 978-4877304201
書名 高等学校学習指導要領(平成30年告示)解説 芸術(音楽・美術・工芸・書道)編・音楽編・美術編
著者名 文部科学省 [著] 出版社 教育図書 出版年 2019
備考
教科書3 ISBN
書名
著者名 出版社 中央公論新社 出版年
備考
備考 『現代美術史 : 欧米、日本、トランスナショナル』は生協でも取り扱っています。
 
参考図書  
参考書1 ISBN 978-4536590112
書名 小学校学習指導要領(平成29年告示)解説 図画工作編
著者名 文部科学省 [編] 出版社 日本文教出版 出版年 2018
備考
参考書2 ISBN 978-4537216615
書名 はじめてでもきれいに縫えるお裁縫の基礎
著者名 加藤容子著 出版社 日本文芸社 出版年 2019
備考
参考書3 ISBN 978-4834007244
書名 工作図鑑 : 作って遊ぼう!伝承創作おもちゃ
著者名 木内勝作・絵 ; 田中皓也絵 出版社 福音館書店 出版年 1988
備考
参考書4 ISBN 978-4052047695
書名 きかいのしくみ図鑑 : めくって学べる
著者名 出版社 学研プラス 出版年 2018
備考
参考書5 ISBN 978-4416919750
書名 国立国際美術館の名作 = Masterpieces from the National Museum of Art, Osaka
著者名 岡﨑素子編集・デザイン・文 出版社 国立美術館 出版年 2019
備考
参考書6 ISBN 978-4797399271
書名 配色デザイン良質見本帳 : イメージで探せて、すぐに使えるアイデア集
著者名 たじまちはる著 出版社 SBクリエイティブ 出版年 2020
備考
 
学生へのメッセージ  
 美術の魅力は,多様な材料や用具があることが理由で,誰にとっても何かしら興味・関心を抱く可能性がある点です。生徒にそうした魅力を伝えるため,教師となる皆さんには,出来るだけ多くの材料と用具に関する知識及び技術を修得して欲しいと思っています。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
 なし
 
連絡先(電話番号)  
 WebClassのメッセージにてご連絡下さい。
 
連絡先(メールアドレス)  
 なし
 
オフィスアワー  
 随時(予め,WbClassのメッセージにて,希望日時を複数お知らせ下さい。)
 
連絡先(ホームページ、その他)  
 なし
 
関連ホームページ  
 WebClass
 
その他・備考  
 授業の欠席等の連絡は,適宜,WebClass等を通じてお知らせ下さい。
 
ページの先頭へ