タイトル
     2023 年度 後期  教育学部 学校教育教員養成課程 日英区分 :日本語 
  
図画工作科指導法
Method of Art Teaching for Primary School
  
ナンバリング 科目分野
CSTP2014   教育学部専門科目
担当教員(ローマ字表記)
  平野 英史 [HIRANO Eiji]
対象学生 対象年次 単位数
  2~4 2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  火4 全学講義棟 1-302
科目群 講義番号
  Y20034
クラス指定  
規定通りとする。小(教・英・社)・副。
 
他との関連(関連項目)  
・各教科の指導法に関する授業
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
・鋏やカッター等の文具の使用法,紙や接着剤等の図画工作科に必要な基礎的な知識。
・美術館等の社会教育施設での表現及び鑑賞の経験を多数有することが望ましい。
 
テーマ・副題  
・図画工作科の指導において必要とされる知識及び指導法を理解する。
 
授業科目の到達目標  
1. 図画工作科の授業目標が分かる。
2. 図画工作科の授業方法が分かる。
3. 図画工作科の授業内容が分かる。
 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
・図画工作科の教員として必要な表現及び鑑賞に関わる基礎的知識と授業実践力,更に教材開発力を身に付けるための科目である。
 
授業キーワード  
表現,鑑賞,感性,創造性,表現力,形,色,イメージ
 
授業の内容  
・学習指導要領の理解と指導力修得のための演習を行う。
・授業では,制作とテキストの読解の両方を行う。
 
授業の方法  
・本授業は,全て対面で行います。但し,状況に応じてオンライン等に変更する場合は,WebClass等を通じて連絡致します。
・準備物の説明は「第1回 オリエンテーション」で行います。その際,ご質問を伺います。
・事前準備学修として,授業で使用する材料と用具を準備して頂きます。原則,前週に準備物を示します。
・授業では「授業展開」に記載した内容に関する表現・鑑賞,及び,下記テキストから基礎知識を理解することを目指します。
・授業中は,下記のテキスト,WebClass(端末),クロッキー帳(筆記具)を使用します。
<但し,上記の内容については変更になる場合があります。ご了承下さい。>
 
事前準備学修・事後展開学修  
A)[15回の授業で2単位の科目] 授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
B)[15回の授業で1単位の科目]  授業1回あたり合計1時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
C)[8回の授業で1単位の科目(新設のAL科目など)]  授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
 
授業展開(スケジュール)  
第1回:オリエンテーションとビデオ鑑賞『絵を描く子どもたち』
第2回:教師の主義主張(1)造形要素の法則性の学習を重視する造形主義について
第3回:教師の主義主張(2)子どもの主体性を起点とする創造主義について
第4回:ビデオ鑑賞『トントンギコギコ図工の時間』
第5回:図画工作教育史(1)明治時代から大正時代まで
第6回:図画工作教育史(2)昭和初期から現代まで
第7回:児童画の発達段階(1)なぐり描き期から図式期まで
第8回:児童画の発達段階 (2)図式期から決定期まで
第9回:ビデオ鑑賞『できるかな』と『つくってあそぼ』
第10回:教材研究と指導案(1)絵画・彫刻
第11回:教材研究と指導案(2)工芸・デザイン
第12回:教材研究と指導案(3)造形あそび    
第13回:教材研究と指導案(4)鑑賞
第14回:ビデオ鑑賞『絵本作家荒井良二の仕事』
第15回:まとめ
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
・毎時の事前準備学修及び事後展開学修,授業時の演習課題,期末課題の内容を合わせて評価する。
 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。
「到達目標を超え、全般的に特に秀でている」 =GP:4 = S
「到達目標を超えており、部分的に秀でている」 =GP:3.5=A+
「到達目標を超えている」 =GP:3 = A
「到達目標に十分達しており、部分的に秀でている」 =GP:2.5=B+
「到達目標に十分達している」 =GP:2 = B
「到達目標に最低限達しており、部分的に B 以上の水準にある」=GP:1.5=C+
「到達目標に最低限達している」 =GP:1 = C
「到達目標に達していない」 =GP:0 = D
「到達目標の達成度を測る材料がない」 =GP:0=F
 
テキスト  
教科書1 ISBN 978-4536590112
書名 小学校学習指導要領(平成29年告示)解説
著者名 文部科学省 [編] 出版社 日本文教出版 出版年 2018
備考 文部科学省ウェブサイトでもPDFファイルを参照できますが、授業中手元で確認できるよう準備をしておくことを勧めます。
 
参考図書  
参考書1 ISBN 978-4536600903
書名 造形素材にくわしい本 : 子どもが見つける創造回路
著者名 内野務 出版社 日本文教出版 出版年 2016
備考
 
学生へのメッセージ  
教育実習において図画工作科を担当するために必要な技術や知識を学びます。小学生の頃の楽しい図工のイメージを持ちつつ、教師としての感覚で授業を展開できるようになってほしいです。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
なし
 
連絡先(電話番号)  
なし
 
連絡先(メールアドレス)  
なし
 
オフィスアワー  
随時
 
連絡先(ホームページ、その他)  
なし
 
関連ホームページ  
なし
 
その他・備考  
なし
 
ページの先頭へ