タイトル
     2023 年度 前期  理学部 物理学科 日英区分 :日本語 
  
物理学演習ⅡA
Exercises on Physics ⅡA
  
ナンバリング 科目分野
PHYS2352   理学部専門科目
担当教員(ローマ字表記)
  谷井 義彰, 道村 真司 [TANII Yoshiaki, MICHIMURA Shinji]
対象学生 対象年次 単位数
  2~ 2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
必修 月3 理-2番講義室
科目群 講義番号
  R12385
クラス指定  
理学部物理学科2年次
 
他との関連(関連項目)  
「解析力学」、「物理数学I」、「熱力学」
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
「解析力学」、「物理数学I」、「熱力学」を履修中、または、履修済みであることが必須である。
 
テーマ・副題  
解析力学・物理数学I・熱力学の問題演習
 
授業科目の到達目標  
問題演習を行うことにより講義の内容の理解を深め、問題解決のために役立つ能力を得る。
すじみちを立て、要点を押さえてわかりやすく人に情報を伝える能力を得る。
 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
理学部ディプロマ・ポリシーにある「専門領域(物理学)に関する専門知識とそれを基にした思考力」を習得するための科目である。
 
授業キーワード  
解析力学、物理数学、熱力学、問題演習、プレゼンテーション
 
授業の内容  
「解析力学」、「物理数学I」、「熱力学」の講義に合わせて問題演習を行う。
 
授業の方法  
演習形式の授業で、対面授業として実施します。予め配布した問題ごとに担当者を決め、担当者は問題の解法を要領よくプレゼンテーションしてもらいます。問題の解答をレポートとして提出を求めることがあります。(担当教員、進度等によって、試験など異なる方式を採ることがあります。)
 
事前準備学修・事後展開学修  
授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。事前準備学修として、配布されている演習問題を解答しておいてください(3時間程度)。事後展開学修として、授業内容の重要ポイントを整理し、解けなかった問題の解答について見直してください(1時間程度)。
 
授業展開(スケジュール)  
 第1回 解析力学演習 (1)
 第2回 物理数学I演習 (1)
 第3回 熱力学演習 (1)
 第4回 解析力学演習 (2)
 第5回 物理数学I演習 I (2)
 第6回 熱力学演習 (2)
 第7回 解析力学演習 (3)
 第8回 物理数学I演習 (3)
 第9回 熱力学演習 (3)
第10回 解析力学演習 (4)
第11回 物理数学I演習 (4)
第12回 熱力学演習 (4)
第13回 解析力学演習 (5)
第14回 物理数学I演習 (5)
第15回 熱力学演習 (5)

 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
解析力学、物理数学I、熱力学のそれぞれ演習の成績の平均点で評価する。
解析力学と物理数学Iの演習では、解答発表40%、レポート40%、授業への参加態度[発表者への質疑や質問による疑問点の解消]20%で評価する。
熱力学の演習では、解答発表40%、レポート20%、試験40%で評価する。
レポートでは、答えだけでなく、答えに至る道筋をしっかりと書いてあるかどうかを重視する。
 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。
「到達目標を超え、全般的に特に秀でている」 =GP:4 = S
「到達目標を超えており、部分的に秀でている」 =GP:3.5=A+
「到達目標を超えている」 =GP:3 = A
「到達目標に十分達しており、部分的に秀でている」 =GP:2.5=B+
「到達目標に十分達している」 =GP:2 = B
「到達目標に最低限達しており、部分的に B 以上の水準にある」=GP:1.5=C+
「到達目標に最低限達している」 =GP:1 = C
「到達目標に達していない」 =GP:0 = D
「到達目標の達成度を測る材料がない」 =GP:0=F
 
テキスト  
備考 各講義のシラバスを参照してください。
 
参考図書  
備考 各講義のシラバスを参照してください。
 
学生へのメッセージ  
実力を育むためには自ら問題に取り組み、粘り強く解決に導く習慣が欠かせません。しかし、問題を解決するだけではなお不十分です。演習とは、得られた成果の要旨を簡潔にまとめ、他者に伝えるために、わかりやすく魅力的に発表する訓練の場でもあります。問題解決能力と発表能力の大切さを認識し、技術を錬磨するよう努めて下さい。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
なし
 
連絡先(電話番号)  
なし
 
連絡先(メールアドレス)  
tanii_at_mail.saitama-u.ac.jp (解析力学・物理数学I)、smichi_at_mail.saitama-u.ac.jp(熱力学)(_at_ を@に変えてください。)
 
オフィスアワー  
授業期間中の毎週月曜日16:00~17:00、理学部1号館5階1535室(解析力学・物理数学I:担当谷井)
授業期間中の毎週水曜日13:30~15:30、理学部1号館4階1429室(熱力学:担当道村)
 
連絡先(ホームページ、その他)  
なし
 
関連ホームページ  
なし
 
その他・備考  
なし
 
ページの先頭へ