タイトル
     2023 年度 前期  教養学部 日英区分 :日本語 
  
*国際人口移動研究Ⅰ
Seminar in Global Migration Studies Ⅰ
  
ナンバリング 科目分野
SOC3252   教養学部専門
担当教員(ローマ字表記)
  大茂矢 由佳 [OHMOYA Yuka]
対象学生 対象年次 単位数
    2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  木4 教養学部-37
科目群 講義番号
  FB21037
クラス指定  
なし
 
他との関連(関連項目)  
「国際人口移動概論」
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
初回授業には必ず出席のこと。第2回と第3回は実習形式で行なうため、バッテリーで90分の作業が可能なノートパソコンを持参できること。「国際人口移動概論」を履修していることが望ましい。
 
テーマ・副題  
なし
 
授業科目の到達目標  
(1)適切なソースから文献や資料を収集し、それを正しく読解・要約・報告する能力を身に付ける。
(2)卒業研究に向けて、自らの学問的関心や問題意識を明確化し、研究計画を作成する能力を身に付ける。
 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
本授業は教養学部ディプロマ・ポリシー「(1)専門的な深い知識の修得に関する事柄」のc、「(3)知識を活用できる汎用的な能力の修得に関する事柄」のa、b、c、dを修得するための科目です。
 
授業キーワード  
移民、難民、国際人口移動
 
授業の内容  
国際人口移動という現象やそれにかかわる対象(労働移民、留学生、日系人、在日コリアン、国際結婚、「ハーフ」、移民第二世代、難民、無国籍者等)を研究テーマとする学生向けの科目です。前半は、各自のテーマに関連する先行研究を探し、その文献の問題意識、研究目的、理論的枠組み、研究手法、結果と結論、残された課題等について報告してもらいます。後半は各自の研究計画についての発表とディスカッションを行います。発表回数や持ち時間は履修者数によって変わります。
 
授業の方法  
演習形式で実施します。
 
事前準備学修・事後展開学修  
授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
事前学修においては、自分の研究テーマに関する先行研究を毎週1つ読み、文献ノートを作成してください(3時間程度)。文献ノートの作成方法については授業中に説明します。
事後学修においては、ディスカッションで出た意見や指摘等を振り返るとともに、授業内容のポイントを整理してください(1時間程度)。
 
授業展開(スケジュール)  
第1回 授業ガイダンスとイントロダクション、各回の担当決め
第2回〜第3回 文献の探し方、文献管理の方法
第4回 研究計画書の書き方
第5回〜第9回 各自の研究テーマに関連する文献の発表とディスカッション
第10回〜第15回 研究計画の発表とディスカッション
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
発表(40%)、ディスカッション貢献度(20%)、文献ノート(40%)で評価します。
 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。
「到達目標を超え、全般的に特に秀でている」 =GP:4 = S
「到達目標を超えており、部分的に秀でている」 =GP:3.5=A+
「到達目標を超えている」 =GP:3 = A
「到達目標に十分達しており、部分的に秀でている」 =GP:2.5=B+
「到達目標に十分達している」 =GP:2 = B
「到達目標に最低限達しており、部分的に B 以上の水準にある」=GP:1.5=C+
「到達目標に最低限達している」 =GP:1 = C
「到達目標に達していない」 =GP:0 = D
「到達目標の達成度を測る材料がない」 =GP:0=F
 
テキスト  
備考 テキストは指定しません。
 
参考図書  
参考書1 ISBN 9784750344041
書名 移民社会学研究 : 実態分析と政策提言1987-2016
著者名 駒井洋著 出版社 明石書店 出版年 2016
備考
参考書2 ISBN 9784623086825
書名 人の国際移動は管理されうるのか : 移民をめぐる秩序形成とガバナンス構築
著者名 明石純一著 出版社 ミネルヴァ書房 出版年 2020
備考
参考書3 ISBN 9784904074732
書名 移住労働とディアスポラ政策 : 国境を越える人の移動をめぐる送出国のパースペクティブ
著者名 明石純一編著 ; 首藤もと子 [ほか] 著 出版社 筑波大学出版会 出版年 2022
備考
参考書4 ISBN 9784326603213
書名 移民受け入れと社会的統合のリアリティ : 現代日本における移民の階層的地位と社会学的課題
著者名 是川夕著 出版社 勁草書房 出版年 2019
備考
参考書5 ISBN 9784750352022
書名 日本の移民統合 : 全国調査から見る現況と障壁
著者名 永吉希久子編 出版社 明石書店 出版年 2021
備考
 
学生へのメッセージ  
演習ですので、学生による積極的な発言・討論が求められます。テーマや関心の異なる学生の発表から学ぶことも大いにありますので、自分には無関係だと思わず、発表をよく聞き、積極的に質問やコメントをしてください。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
受講希望者が10名を超える場合は、人数制限を行ないます。初回授業日の前日までに履修登録の上、初回授業には必ず出席してください(履修登録済みであっても、初回授業を欠席した場合は、履修を放棄したとみなします)。
 
連絡先(電話番号)  
 
連絡先(メールアドレス)  
omoyay”アットマーク”mail.saitama-u.ac.jp (”アットマーク”を@に変更して送信してください。)
 
オフィスアワー  
授業期間中の毎週火曜11:30~12:30(対面とオンライン、どちらでも構いません。会議や出張などで対応できない場合がありますので、必ず事前にメールで連絡してください。)
 
連絡先(ホームページ、その他)  
 
関連ホームページ  
 
その他・備考  
・本授業の履修者は、大学図書館が開催するオリエンテーションに必ず参加してください。
http://www.lib.saitama-u.ac.jp/?p=6883

・やむを得ない理由で授業を欠席する場合は、当日の9:00までに担当教員にメールで連絡してください。無断欠席や事後報告は成績評価のみならず、単位認定にも影響する場合があります。

・発表の担当日の欠席は、体調不良や忌引等の不測の場合を除いて、原則として認めません。オンラインへの切り替えには柔軟に対応しますので、担当教員に相談してください。
 
ページの先頭へ