タイトル
     2023 年度 後期  教養学部 日英区分 :日本語 
  
日本古典特殊講義Ⅰ
Special Topics in Classical Japanese Literature Ⅰ
  
ナンバリング 科目分野
JPST3072   教養学部専門
担当教員(ローマ字表記)
  亀井ダイチ 利永子 [KAMEIDAICHI Rieko]
対象学生 対象年次 単位数
    2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  火3 教養学部-37
科目群 講義番号
  F55031
クラス指定  
 
他との関連(関連項目)  
日本文学、日本文化、日本史
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
特に必要な既習科目はないが、平安鎌倉などの時代に関心があることが望ましい。
 
テーマ・副題  
 
授業科目の到達目標  
主に中古・中世の日本古典文学に関する基本的な知識、および当時の文学作品が生み出された歴史的背景への理解を深める。
 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
 
授業キーワード  
古典文学、平安、鎌倉、中古、中世
 
授業の内容  
この授業は、中古中世の日本古典文学作品とその時代背景について学んでいく。文学史を代表するような文学作品だけではなくマイナーな作品にもふれ、平安鎌倉時代の古典文学の世界への理解を深めていく。
 
授業の方法  
Microsoft Teamsを使っての同時双方向性のオンライン授業が基本となる。授業中の発言は必須。
学期末の数回、対面授業を予定している(日時については授業内で通知)
 
事前準備学修・事後展開学修  
事前にリーディングが課される場合がある。授業後にはリアクションペーパーの提出が必要。
 
授業展開(スケジュール)  
No.内容
第1回 はじめに(授業内容の説明)
第2回 平安時代の漢詩文学
第3回 平安時代の和歌
第4回 平安時代の日記文学
第5回 さまざまな物語
第6回 『源氏物語』とその周辺
第7回 平安時代の王朝物語
第8回 説話文学
第9回 軍記物語
第10回 鎌倉時代の和歌
第11回 鎌倉時代の仏教文学
第12回 鎌倉時代の王朝物語
第13回 鎌倉時代の日記文学
第14回 『徒然草』
第15回 連歌の発展
第16回 ファイナル・プレゼンテーション
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
授業内での発言や、授業後のリアクションペーパーを「授業参加点」として評価する。試験はないが、学期末に自分が選んだ古典文学とその歴史的背景についてのプレゼンテーションを行う。プレゼンには質疑応答も含まれる。
 
成績評価基準  
授業参加:50%
ファイナルプレゼンテーション:50%
 
テキスト  
教科書1 ISBN
書名 必要に応じて配布
著者名 出版社 出版年
備考
 
参考図書  
参考書1 ISBN
書名 必要に応じて配布
著者名 出版社 出版年
備考
 
学生へのメッセージ  
この授業は、最後の数回を除いて同時双方向性のオンライン授業となります。授業参加点として、授業中の発言が必須です(ログインしているだけでは成績はつきません)。また授業の進度によって、内容は多少変更する可能性があります。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
 
連絡先(電話番号)  
 
連絡先(メールアドレス)  
krieko99@ris.ac.jp
 
オフィスアワー  
オンラインで対応します。事前にアポイントメントをとってください。
 
連絡先(ホームページ、その他)  
 
関連ホームページ  
 
その他・備考  
 
ページの先頭へ