タイトル
     2023 年度 後期  教養学部 日英区分 :日本語 
  
哲学史Ⅴ
History of Philosophy Ⅴ
  
ナンバリング 科目分野
PHIL3122   教養学部専門
担当教員(ローマ字表記)
  高橋 克也 [Katsuya Takahashi]
対象学生 対象年次 単位数
    2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  水2 全学講義棟 1-201
科目群 講義番号
  F34015
クラス指定  
なし。
 
他との関連(関連項目)  
特になし。
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
哲学史概説Bを履修していることが望ましい。
 
テーマ・副題  
カントの諸問題――認識論から美学・宗教論まで
 
授業科目の到達目標  
カントの批判哲学において論じられている問題の本質が分かる。
認識論、倫理学、美学に関わるいくつかの問題について掘り下げた議論ができるようになる。
カントの著作を自分で読めるようになる。
 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
専門的な深い知識の修得に関連した科目。
 
授業キーワード  
カント 批判哲学 観念論 認識論 倫理学 美学 宗教論 科学哲学
 
授業の内容  
 カントの哲学著作において論じられている諸問題から重要なものを8題取り上げて解説し、それぞれをめぐる私自身の考察を展開する。難解なテキストに触れてもらうことが多いが、歴史的背景や今日的トピックと関連付けつつ講義するので、カントの批判哲学への一つの入門となりうるはずである。『純粋理性批判』の認識論的諸問題が全体の半分を占め、宗教論、倫理学、美学の問題が残りの半分において扱われる。
 
授業の方法  
 プリントを使いながら講義する。時々質疑応答の時間あり。
 
事前準備学修・事後展開学修  
授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安。
事前学習として、参考図書から興味あるものを選んで少しずつ読み進めておくこと、事後学習として、プリントと講義ノートを見直して理解を再確認することをやってほしい。
 
授業展開(スケジュール)  
第1回 『視霊者の夢』・考――カントとスヴェーデンボリ
第2回 『視霊者の夢』・考――超常現象の解釈学へ
第3回 観念論という方法1――経験的観念論と超越論的観念論の錯綜
第4回 観念論という方法2――認識の方法論としての批判的観念論
第5回 カントと数学の哲学1――ユークリッド幾何学の認識論的意義
第6回 カントと数学の哲学2――算術に関する直観主義の系譜
第7回 時間の測定はなぜ、いかにして可能か1――論理実証主義からの考察
第8回 時間の測定はなぜ、いかにして可能か2――力学から見たカントの時間論の意義
第9回 クオリアからクオリティへ1――「逆転クオリア」徹底批判
第10回 クオリアからクオリティへ2――質をめぐる認識論の再定位
第11回 自由と運命1――決定論と自由の二律背反
第12回 自由と運命2――「実践的自由」と「根本悪」の思想の射程
第13回 崇高の美学と倫理1――崇高論の系譜とカント
第14回 崇高の美学と倫理2――感動の功と罪、ルサンチマン再考
第15回 カントの永遠平和論を擁護する――理想主義がなぜ重要か
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
授業での積極的発言(5%)、期末レポート(95%)
 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。
「到達目標を超え、全般的に特に秀でている」 =GP:4 = S
「到達目標を超えており、部分的に秀でている」 =GP:3.5=A+
「到達目標を超えている」 =GP:3 = A
「到達目標に十分達しており、部分的に秀でている」 =GP:2.5=B+
「到達目標に十分達している」 =GP:2 = B
「到達目標に最低限達しており、部分的に B 以上の水準にある」=GP:1.5=C+
「到達目標に最低限達している」 =GP:1 = C
「到達目標に達していない」 =GP:0 = D
「到達目標の達成度を測る材料がない」 =GP:0=F
 
テキスト  
備考 毎回フリントを配布する。
 
参考図書  
参考書1 ISBN
書名 純粋理性批判 上、中
著者名 カント 出版社 平凡社ライブラリー 出版年
備考
参考書2 ISBN
書名 道徳形而上学原論
著者名 カント 出版社 岩波文庫 出版年
備考
参考書3 ISBN
書名 カント全集3
著者名 カント 出版社 岩波書店 出版年
備考 『視霊者の夢』が収められてる巻。
参考書4 ISBN
書名 判断力批判 上
著者名 カント 出版社 岩波文庫 出版年
備考
参考書5 ISBN
書名 カント全集10
著者名 カント 出版社 岩波書店 出版年
備考 『単なる理性の限界内における宗教』が収められている巻
参考書6 ISBN
書名 永遠平和のために
著者名 カント 出版社 岩波文庫 出版年
備考
 
学生へのメッセージ  
難しい題材が多いですが、何とかかみ砕いて話します。私自身の考察もふんだんに提示しますので、みなさんの意見を教室で聞けたら嬉しく思います。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
なし。
 
連絡先(電話番号)  
なし。
 
連絡先(メールアドレス)  
tetsuyat@mail.saitama-u.ac.jp(@を半角に)。(履修登録した後は、Webclassのメッセージ機能の方をご利用ください。)
 
オフィスアワー  
木曜5限
 
連絡先(ホームページ、その他)  
なし。
 
関連ホームページ  
なし。
 
その他・備考  
特になし。
 
ページの先頭へ