タイトル
     2023 年度 後期  経済学部 経済学科(昼間コース) 日英区分 :日本語 
  
コーポレートガバナンスと会計
Corporate governance and accounting
  
ナンバリング 科目分野
EB3018   経済学部専門科目
担当教員(ローマ字表記)
  島田 佳憲 [Shimada, Yoshinori]
対象学生 対象年次 単位数
  1~4 2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  金1〜2 経-B201
科目群 講義番号
  A04120
クラス指定  
なし
 
他との関連(関連項目)  
企業会計総論,財務会計論,経営財務論
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
初歩的な企業会計に関する知識があること(企業会計総論の単位を取得済みであること)を前提に講義する.十分な事前知識がない場合には講義内容の理解が困難となることが予想される.
 
テーマ・副題  
なし
 
授業科目の到達目標  
発展的な財務会計の意味と内容を学び,これによって財務会計の応用的な考え方を修得し,財務諸表の作成プロセスに対するさらなる理解を深めることを目的とする.とりわけ,本講義では,つぎの2点を到達目標とする.
1.発展的な財務会計の考え方,そして企業経営と財務会計の関係を説明することができる.
2.企業の様々な経済活動が最終的に財務諸表へ集約される仕組みとその発展的な会計理論を理解する.
 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
経営イノベーション・メジャーの主要な応用的分野の専門知識を修得するための科目である(教育目標3に対応).
 
授業キーワード  
財務会計,企業情報開示制度,ディスクロージャー制度
 
授業の内容  
本講義では,企業の経済活動が会計基準を通じて財務諸表に集約される仕組みとその会計ルールについて学習する.企業は営利を目的として日々経済活動を行っており,それらは簿記システムを通じて帳簿に記録され,最終的には財務諸表に取り纏められる.本講義においては、とりわけ財務諸表作成上で重要とされる発展的な会計理論・会計処理について説明する.

※2022年度開講時とは講義内容(講義展開)が異なることに注意されたい.
 
授業の方法  
対面形式で実施する.なお,新型コロナウイルス感染症の感染状況が悪化し,大学として対面形式の継続が困難という決定がされた場合は,遠隔形式(オンデマンド方式)で実施する.その場合の具体的な情報の周知はWebClassでおこなう.
 
事前準備学修・事後展開学修  
授業1回2コマあたり合計8時間の事前準備学修・事後展開学修が目安となる.
事前学修においては指定された範囲の資料をよく読んで疑問点をピックアップしたりレポートを作成すること(2時間程度)。事後学修においては,講義内容の重要ポイントを整理・復習するとともに配布される演習問題に取り組むこと(6時間程度).
 
授業展開(スケジュール)  
第1回:ガイダンス・財務会計の機能
第2回:企業情報開示制度(ディスクロージャー制度)
第3回:利益計算のしくみ
第4回:発生主義会計
第5回:キャッシュフロー計算書
第6回:資産評価基準と経済学的利益
第7回:売上債権と貸倒引当金
第8回:リース会計・中間テスト
第9回:減損会計
第10回:資産除去債務
第11回:社債1
第12回:社債2・退職給付会計1
第13回:退職給付会計2
第14回:利益調整
第15回:進捗調整
第16回:期末試験

※上記はあくまでも予定であり,受講者の理解度や講義の進捗状況によっては変更しうる.
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
中間テスト(40%)および期末テスト(60%)により総合的に評価する.
※中間テストと期末テストのいずれか一方でも未受験の場合,履修放棄とみなす(評価Fを付す).
 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。
「到達目標を超え、全般的に特に秀でている」 =GP:4 = S
「到達目標を超えており、部分的に秀でている」 =GP:3.5=A+
「到達目標を超えている」 =GP:3 = A
「到達目標に十分達しており、部分的に秀でている」 =GP:2.5=B+
「到達目標に十分達している」 =GP:2 = B
「到達目標に最低限達しており、部分的に B 以上の水準にある」=GP:1.5=C+
「到達目標に最低限達している」 =GP:1 = C
「到達目標に達していない」 =GP:0 = D
「到達目標の達成度を測る材料がない」 =GP:0=F
 
テキスト  
備考 指定なし
 
参考図書  
参考書1 ISBN 978-4839421137
書名 グローバル財務会計
著者名 古賀智敏著 出版社 森山書店 出版年 2011
備考
参考書2 ISBN 4561360921
書名 財務会計の機能 : 理論と実証
著者名 須田一幸著 出版社 白桃書房 出版年 2000
備考
参考書3 ISBN 4839419965
書名 ディスクロージャーの戦略と効果
著者名 須田一幸編著 出版社 森山書店 出版年 2004
備考
参考書4 ISBN 4561361723
書名 会計制度の設計
著者名 須田一幸編著 出版社 白桃書房 出版年 2008
備考
参考書5 ISBN 4641222142
書名 財務会計・入門 : 企業活動を描き出す会計情報とその活用法
著者名 桜井久勝, 須田一幸著 出版社 有斐閣 出版年 2023
備考
参考書6 ISBN 4502460613
書名 財務会計講義
著者名 桜井久勝著 出版社 中央経済社 出版年 2023
備考
参考書7 ISBN 4532135257
書名 新・現代会計入門
著者名 伊藤邦雄著 出版社 日経BP日本経済新聞出版本部 出版年 2022
備考
備考 適宜,指示する.
 
学生へのメッセージ  
講義内容に関心のある学生の受講を期待する.
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
学部ルールにしたがう.
 
連絡先(電話番号)  
なし
 
連絡先(メールアドレス)  
shimaday[@]mail.saitama-u.ac.jp
 
オフィスアワー  
金曜日 12:00-13:00(於:経済学部研究棟419)
臨時の会議や出張などで不在にする場合があることから,メールによる事前のアポイントメントをすすめる.
 
連絡先(ホームページ、その他)  
なし
 
関連ホームページ  
なし
 
その他・備考  
なし
 
ページの先頭へ