タイトル
     2022 年度 前期  教育学部 学校教育教員養成課程 日英区分 :日本語 
  
保育技術実践A
Seminar of Education Practice for Kinder A
  
ナンバリング 科目分野
ECTP3002   教育学部専門科目
担当教員(ローマ字表記)
  秋元 文緒 [Akimoto, Fumio]
対象学生 対象年次 単位数
  3~4 1
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  火2 コモ棟309講義室
科目群 講義番号
  Y38131
クラス指定  
乳幼児教育専修3・4年生
 
他との関連(関連項目)  
幼稚園教諭免許課程科目および保育士資格課程科目
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
教職入門、保育内容総論
 
テーマ・副題  
保育技術の向上と、その前提となる理論の理解
 
授業科目の到達目標  
保育に関わる諸実践に関する基本的な事項を理解すると共に毎回の授業における実習を通して保育者に求められている能力の基礎を培うことを目標とする。
 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
「協働する実践者」としての保育のスペシャリストとして、コミュニケーション力を高めつつ、子どもと共に保育を創っていくために必要な理論的知識と実技的技能、乳幼児の心の動きに沿った理解と指導力の育成を目標とする。
 
授業キーワード  
理論と実践、保育、乳幼児教育、保育技術
 
授業の内容  
「環境を通して行う保育」「発達課題に配慮して行う保育」「表現活動を通して広がる保育」について学習していく。またそれらを実践するために必要な保育技術を体験的に学んでいく。
 
授業の方法  


演習の授業であるので、講義だけでなく、体験的に学習していきます。
全授業期間を通じて、対面授業を実施していきますが、具体的な授業の連絡や、課題提出 質問等についてはWebClassのメッセージ機能を使用する場合もあります。
なお感染状況が悪化し、埼玉大学として対面授業の継続が困難という決定がされた場合、本授業は、Zoomを利用したリアルタイム方式で行います。その際にも、具体的な情報はWebClassなどでお知らせします。
 
事前準備学修・事後展開学修  

授業1回あたり合計1時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。なお、事前学修においては、指定された範囲の資料をよく読み、疑問点をピックアップしておいてください。また、事後学修においては、授業内容の重要ポイントを整理し、指定された課題に取り組んでください。詳細は、授業内にもお伝えするように致します。

 
授業展開(スケジュール)  
1.授業OR 音楽あそび・表現あそび(1) 
2.教材研究(1)教材の制作
3.教材研究(2)制作教材の発表
4.教材研究(3)新聞破き活動
5.教材研究(4)新聞破き活動の展開
6.自然観察(1)大学内の自然環境「春から初夏へ」
7.自然観察(2)自然マップ等の制作
8.自然観察(3)自然体験活動 保育方法の工夫 ネイチャーゲームの活用 
9.自然観察(4)自然に目を向けること
10.音楽あそび・表現あそび(2)
11.環境設定と壁面飾り(1)葉っぱのいろいろ 
12.環境設定と壁面飾り(2)壁面のレイアウト
13.音楽あそび・表現あそび(3)お話作り
14.音楽あそび・表現あそび(4)スリーポイントシアター
15.まとめと振り返り


 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
出席を含む授業への取り組み(発表を含む)(60%)、提出課題(40%)を総合的に評価します。


 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。
「到達目標を超え、特に秀でている」=GP:4
「到達目標を超えている」=GP:3
「到達目標に十分達している」=GP:2
「到達目標に最低限達している」=GP:1
「到達目標に達していない」=GP:0。
なおGPが1.5、2.5、3.5と評価されることもある。
 
テキスト  
備考 授業内で随時プリントを配布していく。
 
参考図書  
備考 授業内で随時紹介していく。
 
学生へのメッセージ  
新型コロナウイルス感染症の状況に配慮しながら、学生のみなさんの協力を求めつつ、工夫を施して体験的授業をしていきたいと考えています。欠席しないように、積極的に参加してください。

 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
 
連絡先(電話番号)  
03-5932-1996   
 
連絡先(メールアドレス)  
WebClassのメッセージ機能を使用して、授業連絡や課題提出、質問等のやり取りをしていきます。
 
オフィスアワー  
授業期間中の毎週火曜日2限の授業終了後30分ほど時間を取るようにいます。その場で声をかけてください。もしくは、WebClassのメッセージ機能を使用して、授業連絡や課題提出、質問等のやり取りをしていきます。 
 
連絡先(ホームページ、その他)  
 
関連ホームページ  
 
その他・備考  
シラバスの詳細ならびに、内容や予定の変更については、授業内で行います。
 
ページの先頭へ