タイトル
     2022 年度 後期  教育学部 学校教育教員養成課程 日英区分 :日本語 
  
法学研究入門
Introductory Seminar on Law
  
ナンバリング 科目分野
SSE2018   教育学部専門科目
担当教員(ローマ字表記)
  中川 律 [Nakagawa, Ritsu]
対象学生 対象年次 単位数
  2~4 2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  金3 教育A203セミナー室
科目群 講義番号
  Y12315
クラス指定  
なし。
 
他との関連(関連項目)  
法学概論、法学特講A、B、C、法学演習と関連します。特に、法学演習を受講する場合には、本講義が前提になりますので、事前に履修するようにしてください。
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
法学概論を事前に受講してください。指定教科書を事前に読むことをお勧めします。
 
テーマ・副題  
法学研究(特に憲法学)の基礎
 
授業科目の到達目標  
より発展的な法学研究の入門として、憲法学上の主要論点について理解を得ることを目標とします。私たちは、なぜ、憲法に関して学ぶ必要があるのでしょうか。皆さんの中には憲法を実生活とはあまり関係のない遠い存在のように感じている方々も多いのではないかと思います。しかし、実際には、憲法は私たちの生活と深く関係しています。それゆえに憲法は重要であり、学ぶ価値があるものなのです。そこで、本講義では、憲法に関する基礎的な知識や考え方を学ぶことを通じて、最終的には、実生活との関連性を意識できるようになることを目指します。
 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
力量のある質の高い教員を養成するために、教科や専門分野に関する専門的な知識・技能を身につけるための科目である(教育目標1及び2に対応)。
 
授業キーワード  
法、法律、法学、憲法
 
授業の内容  
*オンライン授業で実施するために内容の修正が必要になることもあります。シラバスの変更がないか随時にチェックしてください
*教科書は、次のものを使用します。受講に必須ですので早めに購入してください。

本講義は、憲法に関する基礎的な知識や考え方を修得することを目的にしています。内容としては、長谷部恭男『憲法講話:24の入門講義』(有斐閣、2020年)を通読します。
 
授業の方法  
 ゼミ形式で、長谷部恭男『憲法講話:24の入門講義』(有斐閣、2020年)を通読します。毎回、事前に同書の指定箇所を必ず読んでから授業に臨む必要があります。

 授業の際には、①どのような内容が書かれていたか、②理解できないところはなかったか、③当該憲法学上の議論にどのような意義があるのか、④実社会とどのようなつながりがあるのか、等に関して、受講者同士で議論してもらうことを通じて、教科書の内容の理解を深めるという方法をとります。ですので、これらの観点を十分に踏まえて事前学習を進める必要があります。
 事前学習においては、各自で、上記の①~④についてノートを作成し、授業中に質問に答えることができるようにしてきてください。

また、ノートを毎回の授業の前日までに提出してもらい、受講者同士で共有して授業中の議論の素材にします。


なお感染状況が悪化し、埼玉大学として対面授業の継続が困難という決定 がされた場合、本授業は Zoom を利用したリアルタイム方式で行います。 その場合の具体的な情報は WebClass でお知らせします。
 
事前準備学修・事後展開学修  
A)[15回の授業で2単位の科目] 授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
B)[15回の授業で1単位の科目]  授業1回あたり合計1時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
C)[8回の授業で1単位の科目(新設のAL科目など)]  授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
 
授業展開(スケジュール)  
最初の方は余裕をもって進めますが、おおよそ1回の授業で教科書の二講分を読みます。

第1回 ガイダンス
第2回 第1講 近代立憲主義の成立
第3回 第2講 日本憲法史 
第4回 第3講 天皇制 第4講 平和主義 
第5回 第5講 基本的人権─総論 第6講 思想・良心の自由,信教の自由
第6回 第7講 表現の自由─その1
第7回 第8講 表現の自由─その2
第8回 第9講 学問の自由 第10講 職業選択の自由,居住・移転の自由,外国移住・国籍離脱の自由
第9回 第11講 財産権の保障 第12講 人身の自由
第10回 第13講 包括的基本権 第14講 平等原則
第11回 第15講 生存権 第16講 教育を受ける権利,労働に関する権利
第12回 第17講 参政権,国務請求権 第18講 統治機構の諸原則
第13回 第19講 国会──その1 第20講 国会──その2
第14回 第21講 内閣 第22講 裁判所
第15回 第23講 地方自治 第24講 憲法の保障
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
毎回の事前学習ノートの提出状況・内容(50%)と授業での発言内容などの平常の様子(50%)を評価します。

*オンライン授業となった場合には、各自の様子が分かりにくいなどのこともありえます。そのため、状況に応じて受講者に課題を提出してもらって、それを評価の素材の一つとするなどより適切な評価方法に変更する場合もあります。変更の際には受講者にWebClass等を通じて周知するようにします。
 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。
「到達目標を超え、特に秀でている」=GP:4
「到達目標を超えている」=GP:3
「到達目標に十分達している」=GP:2
「到達目標に最低限達している」=GP:1
「到達目標に達していない」=GP:0。
なおGPが1.5、2.5、3.5と評価されることもある。
 
テキスト  
教科書1 ISBN 9784641227828
書名 憲法講話 : 24の入門講義
著者名 長谷部恭男著 出版社 有斐閣 出版年 2020
備考
 
参考図書  
参考書1 ISBN 9784535523449
書名 憲法講義 第2版
著者名 本秀紀 編,モトヒデノリ, 出版社 日本評論社 出版年 2018-
備考
 
学生へのメッセージ  


本講義では十分な予習と復習が必要とされます。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
なし
 
連絡先(電話番号)  
なし
 
連絡先(メールアドレス)  
なし
 
オフィスアワー  
月曜日12:10〜13:00
 
連絡先(ホームページ、その他)  
なし
 
関連ホームページ  
なし
 
その他・備考  
シラバスの変更がないか随時にチェックしてください。
 
ページの先頭へ