タイトル
     2022 年度 前期  サマープログラム 日英区分 :日本語 
  
Contemporary Art and Design in Asia and Japan
Contemporary Art and Design in Asia and Japan
  
ナンバリング 科目分野
    教養学部専門
担当教員(ローマ字表記)
  ザラ パップ,ジリア [Zara- Papp Zilia]
対象学生 対象年次 単位数
    2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  月1〜2,水1〜2  
科目群 講義番号
  SF0007
クラス指定  
This is an online Summer Program course, open to global participation. Due to the differences in time zones of the participants, lectures will be provided in an on-demand/pre-recorded format. There will also be classes in real time for discussions, presentations, guest lectures or work-shops. Guest lectures from Japanese, Australian and European academics will be incorporated in the program.
 
他との関連(関連項目)  
Learning about visual arts and visual expression modes in the modern to contemporary periods in the Asia-Pacific and Japan - choosing individual research topics
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
none
 
テーマ・副題  
 
授業科目の到達目標  
Exposure to art concepts and art works from diverse regions of Japan, Asia, Australia and Oceania
 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
 
授業キーワード  
contemporary art, media, Japan, Asia, Australia, Oceania
 
授業の内容  
 
授業の方法  
Lecture and presentations. Hand-outs will be prepared, readings will be assigned, individual research to be conducted
 
事前準備学修・事後展開学修  
A)[15回の授業で2単位の科目] 授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
B)[15回の授業で1単位の科目]  授業1回あたり合計1時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
C)[8回の授業で1単位の科目(新設のAL科目など)]  授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
 
授業展開(スケジュール)  
1-2. Introduction and overview
Media theory, art historical concepts and curatorial practices
3-4. Japanese influence in Western Art
Western influences in Japanese, Asian and Australian Art
5-6. Modern and Contemporary Art, Japan and East Asia
7-8. Modern and Contemporary Art, China and Central Asia
9-10. Modern and Contemporary Design, Japan, Asia and Australia
11-12. Modern and Contemporary Media of Japan, Asia and Australia
13-14. Student presentations
15-16. Presentations,discussions and evaluation
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
Evaluation based on student research and presentations
 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。
「到達目標を超え、特に秀でている」=GP:4
「到達目標を超えている」=GP:3
「到達目標に十分達している」=GP:2
「到達目標に最低限達している」=GP:1
「到達目標に達していない」=GP:0。
なおGPが1.5、2.5、3.5と評価されることもある。
 
テキスト  
備考 Handouts, reading materials and visual materials will be provided in class.
 
参考図書  
備考 Readings will be assigned based on individual student research
 
学生へのメッセージ  
Join the class if you are confident in your ability to interpret diverse texts and sources in English
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
 
連絡先(電話番号)  
 
連絡先(メールアドレス)  
 
オフィスアワー  
Online
 
連絡先(ホームページ、その他)  
 
関連ホームページ  
 
その他・備考  
 
ページの先頭へ