タイトル
     2022 年度 後期  教養学部 日英区分 :日本語 
  
中国近現代文化研究法
Methodology of Modern and Contemporary Chinese Culture Studies
  
ナンバリング 科目分野
ASST2032   教養学部専門
担当教員(ローマ字表記)
  牧 陽一 [Yoichi Maki]
対象学生 対象年次 単位数
    2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  月3 教養学部-21
科目群 講義番号
  F52045
クラス指定  
なし
 
他との関連(関連項目)  
中国近現代文化、古典文化、中国近現代史関連科目 ほかアジア経済関係

 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
特にありませんが、日本とアジアの近代に関する歴史的な知識があるとよいので、関心に従って資料など読んでおいてください。
 
テーマ・副題  
梶谷懐 日本と中国、「脱近代」の誘惑―アジア的なものを再考する

「近代」の限界と暴力にどう向き合うか
烏坎村と重慶のあいだ―「一般意志」と公共性をめぐる考察
左派と右派のあいだ―毛沢東はなぜしな(ね)ないのか
「国家」と「民間」のあいだ―国家資本主義・格差・イノベーション

以下は参考文献、使用することもあります。

日本と中国のあいだ―「近代性」をめぐる考察「壁と卵」の現代中国論: リスク社会化する超大国とどう向き合うか

麻生晴一郎『反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国
中国人は日本人を本当はどう見ているのか?』光文社新書

金順姫『ルポ 隠された中国 習近平「一強体制」の足元』平凡社新書
燃え上がるウイグル問題 憎しみと不信の連鎖 追われるキリスト教徒 貧困問題と「反腐敗」という劇薬
前進する同性愛者と女性活動家たち

梶谷懐・高口康太『幸福な監視国家・中国』NHK出版新書
中国はユートピアか、ディストピアか 中国IT企業はいかにデータを支配したか 中国に出現した「お行儀のいい社会」
民主化の熱はなぜ消えたのか 現代中国における「公」と「私」 幸福な監視国家のゆくえ道具的合理性が暴走するとき

 
授業科目の到達目標  
政治経済文化など各研究分野からの現代中国研究を理解する。
 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
現代中国の諸問題に関する基本的な知識を得る。また学習の初歩的な研究方法を学ぶ。
 
授業キーワード  
市民社会 現代中国 
 
授業の内容  
WebClassに補足資料などを掲載します。

中国は現在急速な経済成長の真最中にあり、世界への影響力も急速に拡大しています。しかし、他方で格差の問題など国内矛盾の蓄積のもとで政権は経済成長優先政策の修正を迫られています。政治経済文化各方面からの論文を読み進み、概要をまとめながら現代中国の諸問題について検討します。結果、政府の介入の問題点が明らかになるでしょう。
 
授業の方法  
WebClassに補足資料などを掲載します。

テキストを中心にして中国現代史をたどりながら、論文の概要をまとめます。その後制作方法について解説します。授業の前に予定している章を読んでおいて大方の内容を捉えておいてください。授業中に発表個所についてどんな質問をするか考えてノートしておきましょう。また章相互の関係や最終的な結論を考えましょう。
 
事前準備学修・事後展開学修  
A)[15回の授業で2単位の科目] 授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
B)[15回の授業で1単位の科目]  授業1回あたり合計1時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
C)[8回の授業で1単位の科目(新設のAL科目など)]  授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。
 
授業展開(スケジュール)  
梶谷懐『日本と中国、「脱近代」の誘惑―アジア的なものを再考する』太田出版
序論 「近代」の限界と暴力にどう向き合うか
第1章 烏坎村と重慶のあいだ―「一般意志」と公共性をめぐる考察
第2章 左派と右派のあいだ―毛沢東はなぜしな(ね)ないのか
第3章 「国家」と「民間」のあいだ―国家資本主義・格差・イノベーション
第4章 日本と中国のあいだ―「近代性」をめぐる考察
(参考)

金順姫『ルポ 隠された中国 習近平「一強体制」の足元』平凡社新書
第1章燃え上がるウイグル問題
第2章憎しみと不信の連鎖
第3章追われるキリスト教徒
第4章貧困問題と「反腐敗」という劇薬
第5章前進する同性愛者と女性活動家たち


 まとめ 以上について いずれかを重点的に学び、多少前後しつつ解説していく予定です。
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
平常点:各回の出席・発言・発表(60%)を中心にします。さらに担当箇所に関する発表(40%)
 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。
「到達目標を超え、特に秀でている」=GP:4
「到達目標を超えている」=GP:3
「到達目標に十分達している」=GP:2
「到達目標に最低限達している」=GP:1
「到達目標に達していない」=GP:0。
なおGPが1.5、2.5、3.5と評価されることもある。
 
テキスト  
教科書1 ISBN 978-4-7783-1476-
書名 日本と中国、「脱近代」の誘惑―アジア的なものを再考する
著者名 梶谷懐  出版社 太田出版  出版年 2015
備考
教科書2 ISBN 978-4-582-85855-
書名 ルポ 隠された中国 習近平「一強体制」の足元
著者名 金順姫 出版社 平凡社新書 出版年 2017
備考
備考 梶谷 懐 『「壁と卵」の現代中国論: リスク社会化する超大国とどう向き合うか』(人文書院)2011年
麻生晴一郎『反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国』 (光文社新書) 2009年
麻生晴一郎『中国人は日本人を本当はどう見ているのか?』(宝島社新書)2012年
日本現代中国学会『新中国の60年-毛沢東から胡錦涛への連続と不連続-』(創土社)2009年
 
参考図書  
参考書1 ISBN 978-4-560-08451-
書名 ネオ・チャイナ
著者名 エヴァン・オズノス 笠井亮平訳 出版社 白水社 出版年 2015
備考
備考 エヴァン・オズノス 笠井亮平訳 ネオ・チャイナ
富、真実、心のよりどころを求める13億人の野望
白水社 
林毅夫 胡舒立 唐傑 韓寒 艾未未 劉暁波 陳光誠 

『現代中国』(日本現代中国学会)ほか論文執筆者の著作 
 
学生へのメッセージ  
現代中国に関して問題意識を持って下さい。今後の論文制作などの参考にしてください。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
なし
 
連絡先(電話番号)  
研究室:048-858-3646
 
連絡先(メールアドレス)  
muyang@syd.odn.ne.jp
 
オフィスアワー  
月曜昼休みと4限以降 水曜昼休みと5限以降 教育機構棟3階牧研究室 事前にご連絡ください。
 
連絡先(ホームページ、その他)  
牧陽一の日記  http://d.hatena.ne.jp/mushou/ 毎回ではありませんが、ここに授業内容連絡、資料などをアップします。
 
関連ホームページ  
Facebook Twitter Instagram LINE なども利用可能です。牧陽一で検索してください。
 
その他・備考  
 
ページの先頭へ