タイトル
     2022 年度 前期  経済学部 経済学科(昼間コース) 日英区分 :日本語 
  
演習Ⅰ
Seminar I
  
ナンバリング 科目分野
E3021   経済学部専門科目
担当教員(ローマ字表記)
  大津 唯 [Ohtsu, Yui]
対象学生 対象年次 単位数
  2 2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
必修 木4〜5 経-B301
科目群 講義番号
  A07111
クラス指定  
大津ゼミ所属の2年生
 
他との関連(関連項目)  
社会保障論
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
社会保障論を履修済み、または履修予定であることが望ましい
 
テーマ・副題  
格差・貧困問題と社会保障制度
 
授業科目の到達目標  
 私たちが直面しうる様々な生活上のリスクや格差・貧困などの社会的課題に対して、社会保障制度がどのように機能しているかを理解した上で、制度の抱える課題や今後の在り方について、主体的に考えることができる。
 
『ディプロマ・ポリシー』を含む学部・研究科・学科等の学修・教育目標との関連  
 所属メジャー(国際ビジネスと社会発展メジャー、法と公共政策メジャー)分野に関し、自ら問題を設定し、自ら問題解決を行ないうる能力、及びその成果を理論的な文章にまとめ、発表する能力を育む科目である(教育目標4に対応)。
 
授業キーワード  
社会保障、年金、医療、介護、労働、生活保護、福祉、少子高齢化、格差、貧困
 
授業の内容  
 指定するテキストに基づいて討論を行う。複数のグループに分かれ、グループごとに役割を決めた上で議論する。また、随時履修者と相談しながらその他の活動も展開する。
 
授業の方法  
 演習形式の授業である。なお、新型コロナウイルス感染症の感染状況が悪化し、埼玉大学として対面授業の継続が困難という決定がされた場合は、Zoomを利用したリアルタイム方式で実施する。
 
事前準備学修・事後展開学修  
授業1回あたり合計4時間の事前準備・事後展開学修が目安となります。ディベートの準備や指定された課題に取り組んでください。
 
授業展開(スケジュール)  
第1回:オリエンテーション
第2-7回:ディベートなど
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価の方法と観点  
討論等への参加度合いにより評価(100%)
 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。
「到達目標を超え、特に秀でている」=GP:4
「到達目標を超えている」=GP:3
「到達目標に十分達している」=GP:2
「到達目標に最低限達している」=GP:1
「到達目標に達していない」=GP:0。
なおGPが1.5、2.5、3.5と評価されることもある。
 
テキスト  
教科書1 ISBN
書名
著者名 出版社 出版年
備考 初回授業で指定する
 
参考図書  
参考書1 ISBN
書名
著者名 出版社 出版年
備考 適宜紹介する
 
学生へのメッセージ  
履修者には以下の点を期待します。
・社会問題に強い関心・問題意識を持っていること
・物事を多角的に捉えようとする姿勢を持っていること
・問題解決に向けて粘り強く考える力を持っていること
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
なし
 
連絡先(電話番号)  
048-858-3650
 
連絡先(メールアドレス)  
ohtsu@mail.saitama-u.ac.jp ※ @は半角に置き換えて下さい
 
オフィスアワー  
第1ターム:火曜日 14:30~15:30
第2ターム:木曜日 13:30~14:30
第4ターム:木曜日 13:30~14:30
経済学部研究棟3階306
 
連絡先(ホームページ、その他)  
なし
 
関連ホームページ  
なし
 
その他・備考  
 
ページの先頭へ