タイトル
     2021 年度 後期  教育学部 学校教育教員養成課程 日英区分 :日本語 
  
英語文学史B
History of English Literature B
  
ナンバリング 科目分野
EKE3032   教育学部専門科目
担当教員(ローマ字表記)
  武田 ちあき [Chiaki Takeda]
対象学生 対象年次 単位数
  3~4 2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  火1 オンデマンド
科目群 講義番号
  Y28051
クラス指定  
英語専修、および英語の教員免許を卒業要件とする学生
 
他との関連(関連項目)  
英語文学史A
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
特になし
 
テーマ・副題  
イギリス文学史(18世紀以降)
 
授業科目の到達目標  
英語という文化遺産の集大成として英文学史をとらえ、歴史的な視点を持って具体的なテキストを読む姿勢を身につける。
 
学科・専修等の学習・教育目標との関連  
英語教員として必要な、英語の文化的・歴史的意義に関する理解と教養を身につける。
 
授業キーワード  
文化研究 新歴史主義 英語文学
 
授業の内容  
英文学史についての知識と問題意識を得て、文学の生態と歴史の概念への理解を深める。
現代思想の展開に伴う歴史学の理論的枠組の転換をふまえ、「文学史」というイデオロギーそのものを問い直す。「常識」・「教養」・「連続性」・「正統性」を主張し装ってきた従来の「文学史」の権力性を解体しつつ、芸術性と政治性をあわせもつ文学作品とその時代をめぐる、多様な動的関係を立体的に考察する。
 
授業の方法・事前準備学修・事後展開学修  
オンデマンド配信により授業を実施する。
毎回のテーマのもと、テキストの内容をふまえたうえで、適宜資料をアップして講義を行う。
とくに作品抜粋の原文鑑賞を重視する。講義でとりあげた作品を、各自で可能な限り、実際に読むこと(翻訳・映画でもよい)。作品を読む際に、歴史的視点を持つことで、いかにテクストが生き生きとした立体的なものに見えてくるか、書いた時代と人間の生命が宿っているかを、とらえられるようになること。
 
授業展開(スケジュール)  
土曜日開講はしません。

第1回: オリエンテーション 
第2回: 第9章 18世紀・理性と散文の時代(1)市民階級の台頭とジャーナリズム・風刺文学の登場
第3回: 第9章 18世紀・理性と散文の時代(2)英語辞書の誕生と国民の教育
第4回: 第10章 近代小説の誕生と成長(1)中産階級の価値観と小説ジャンルの本質
第5回: 第10章 近代小説の誕生と成長(2)小説のサブ・ジャンルの百花繚乱
第6回: 第11・12章 ロマン主義の文学(1)前期:ワーズワース、コールリッジ、スコット
第7回: 第11・12章 ロマン主義の文学(2)後期:バイロン、シェリー、キーツ 
第8回: 第11・12章 ロマン主義の文学(3)補遺:ゴシック小説
第9回: 第13・14・15章 ヴィクトリア朝の文学(1)大英帝国の世界観
第10回:第13・14・15章 ヴィクトリア朝の文学(2)大英帝国の生活文化
第11回:第13・14・15章 ヴィクトリア朝の文学(3)小説の様式と国民の養成 
第12回:第13・14・15章 ヴィクトリア朝の文学(4)大英帝国の凋落と世紀末文学
第13回:第16・17章 現代小説の発展・現代詩の誕生(1)世界システムと芸術原理の転換 
第14回:第16・17章 現代小説の発展・現代詩の誕生(2)モダニズム文学の登場
第15回:第18・19・20章 20世紀の文学:世界大戦と大衆消費社会
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価方法  
平常点(30%)、レポート課題(70%)
 
成績評価基準  
総点において90点以上をS,80点以上90点未満をA、70点以上80点未満をB、60点以上70点未満をC、60点未満をFと評価する。出席回数が授業全体の2/3未満である場合には0点でFとする。
 
テキスト  
教科書1 ISBN 4523292116
書名 イギリス文学の流れ
著者名 相島倫嘉 出版社 南雲堂 出版年 1994
備考
備考 前期の続きを読む。毎回の授業のレジュメと資料を Web Class の資料にアップするので、各自でダウンロードやプリントアウトをしておくこと。
 
参考図書  
備考 清水義範、『早わかり世界の文学――パスティーシュ読書術』、ちくま新書(筑摩書房、2008)、¥680
和田久士・他、『イギリス文学散歩』、ショトル・ミュージアム(小学館、1997)、¥1,500
上田和夫・他、『イギリス文学辞典』(研究社、2004)、¥5,000
 
学生へのメッセージ  
全回視聴が前提。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
 
連絡先(電話番号)  
858-3185
 
連絡先(メールアドレス)  
 
オフィスアワー  
授業開講期間中の月曜日、15:00-16:00 教員研究室(教育学部H棟4階H415)
 
連絡先(ホームページ、その他)  
 
関連ホームページ  
 
その他・備考  
 
ページの先頭へ