タイトル
     2021 年度 後期  教育学部 学校教育教員養成課程 日英区分 :日本語 
  
倫理学研究入門
Introductory Seminar in Ethics
  
ナンバリング 科目分野
    教育学部専門科目
担当教員(ローマ字表記)
  宮崎 文典 [Miyazaki, Fuminori]
対象学生 対象年次 単位数
  2~4 2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  金3 リアルタイム
科目群 講義番号
  Y12430
クラス指定  
なし
 
他との関連(関連項目)  
倫理学概論、人文・社会科学基礎研究
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
・次年度に倫理学演習の履修を希望する場合は、本年度に当科目を必ず履修してください
・人文・社会科学基礎研究、倫理学概論を事前に履修しておいてください
 
テーマ・副題  
倫理学の名著に触れる/倫理学の基本問題について議論する
 
授業科目の到達目標  
倫理学における重要な概念や諸問題について討論をおこなうことで、こうした概念や諸問題の基本を理解し、これらについて自ら考察する能力の基礎を身につける
 
学科・専修等の学習・教育目標との関連  
・力量のある質の高い教員を養成するために、教科や専門分野に関する専門的な知識・技能を身につけるための科目である(教育目標1及び2に対応)
 
授業キーワード  
愛(エロース、友愛など)、自由と自由意志、対話など
 
授業の内容  
倫理学(および広く哲学)にかんする入門的な論考や古典的文献をテキストとして、テキストを読んだうえで討論します(討論のやり方については授業第1回で指示します)。
これを通じて、倫理学における諸問題にかかわる基本的な知識や、問題解決のための思考法の基本を習得し、人間としての生き方や社会のなかでの諸事象について、自分で倫理学的に考えるための基礎を身につけることをめざします。
 
授業の方法・事前準備学修・事後展開学修  
授業の方法:演習。
※Zoomを使用した「リアルタイム配信による映像または音声授業」による授業を予定。授業の方法について今後何らかの変更がある場合には、このシラバス、WebClass、学内メールなどを通じて通知しますので、これらを日常的にチェックしておいてください。

事前準備学修:各回の課題テキストを熟読し、考えたこと、疑問点等を簡潔にまとめたものを「授業前小レポート」として提出する。
事後展開学修:授業内での考察、ディスカッション等をふまえて、課題テキストについてあらためて考えたことを簡潔にまとめ、「授業後小レポート」として提出する。
 
授業展開(スケジュール)  
第1回: ガイダンス(ディスカッションの方法についての説明を含む)
第2回以降: テキスト講読とディスカッション

*第2回以降は、「テキスト講読(テキストについてのディスカッションを含む)」と「特定のテーマに関するディスカッション」をおこなっていきます。授業スケジュールは、履修者数や授業の進行具合その他諸条件に応じて設定していきます。現時点では、以下のテキストをとりあげる予定ですが、変更の可能性があります。
・プラトン『饗宴』(美、エロース、哲学、イデアなどに関わる箇所を読む)
・アリストテレス『ニコマコス倫理学』(友愛に関わる箇所を読む)
・カントの倫理学的著作(道徳と幸福の関係に関わるものを読む)
・サルトル『実存主義はヒューマニズムである』(自由と自己形成に関わる箇所を読む)
・ネーゲル『哲学ってどんなこと?』(自由意志に関わる箇所を読む)

*15回の授業のうちの1回を、「レポートの書き方」について教員が解説する回とします。
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価方法  
・学期末レポート課題:60%
・授業への参加度:40%(各回の「授業前小レポート」「授業後小レポート」がおもな評価対象となる)
 
成績評価基準  
 埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達
目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。「到達目標を超え、
特に秀でている」:GP=4、「到達目標を超えている」:GP= 3 、「到達目標
に十分達している」:GP=2、「到達目標に最低限達している」:GP=1、
「到達目標に達していない」:GP=0。なお GP が 1 .5 、2.5 、 3.5 と評価
されることもある。
 
テキスト  
 
参考図書  
参考書1 ISBN 9784344985148
書名 考えるとはどういうことか : 0歳から100歳までの哲学入門
著者名 梶谷真司著 出版社 幻冬舎 出版年 2018
備考
参考書2 ISBN 9784812293058
書名 哲学ってどんなこと? : とっても短い哲学入門
著者名 トマス・ネーゲル著 ; 岡本裕一朗, 若松良樹訳 出版社 昭和堂 出版年 1993
備考
参考書3 ISBN 9784334752767
書名 饗宴
著者名 プラトン 著,中澤務 訳, 出版社 光文社 出版年 2013
備考
参考書4 ISBN 978433475324
書名 ニコマコス倫理学(*上下巻あり)
著者名 アリストテレス 著,渡辺邦夫, 立花幸司 訳,Aristotelēs, 384-322B. C,渡辺, 邦夫, 1954-,立 出版社 光文社 出版年 2016
備考
参考書5 ISBN 4409030426
書名 実存主義とは何か
著者名 J‐P・サルトル著 ; 伊吹武彦, 海老坂武, 石崎晴己訳 出版社 人文書院 出版年 1996
備考
備考 その他の参考図書については授業内で適宜指示します
 
学生へのメッセージ  
ディスカッションが中心となる授業です。ディスカッションの際には、じっくり考えて、自分の考えや疑問を話すこと、他の人の発言をよく聴くことを心がけてください。また、そのためにも各回の課題テキストをよく読んだうえで授業に臨んでください。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
 
連絡先(電話番号)  
048-858-3199
 
連絡先(メールアドレス)  
fumimiya(アットマーク)mail.saitama-u.ac.jp
 
オフィスアワー  
水曜日12:15-12:55(授業期間中)
 
連絡先(ホームページ、その他)  
 
関連ホームページ  
 
その他・備考  
 
ページの先頭へ