タイトル
     2021 年度 前期  教育学部 学校教育教員養成課程 日英区分 :日本語 
  
倫理学概論
Principles of Ethics
  
ナンバリング 科目分野
SSE2030   教育学部専門科目
担当教員(ローマ字表記)
  宮崎 文典 [Miyazaki, Fuminori]
対象学生 対象年次 単位数
  2~4 2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  水5 オンデマンド
科目群 講義番号
  Y12410
クラス指定  
なし
 
他との関連(関連項目)  
履修条件を参照
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
・次年度に倫理学演習の履修を希望する場合は、本年度に当科目を必ず履修してください
(倫理学演習の履修を希望する場合は、当科目とともに、人文・社会科学基礎研究、倫理学研究入門を2年次のうちに履修するようにしてください)
・倫理学研究入門を履修する人は、事前に本科目を履修してください
 
テーマ・副題  
倫理的な事柄へのアプローチを考え、倫理学の基本的な考え方を理解する
 
授業科目の到達目標  
倫理学における基本的な概念や問題を理解する。また、その理解を自分自身の行為や生き方についての思索に役立てる能力を向上させる。
 
学科・専修等の学習・教育目標との関連  
力量のある質の高い教員を養成するために、教科や専門分野に関する専門的な知識・技能を身につけるための科目である(教育目標1及び2に対応)
 
授業キーワード  
倫理学、功利主義、義務論、社会契約、徳
 
授業の内容  
この授業の主眼は、倫理学の基本を理解することにあります。倫理学はそもそも何について考えるものなのか、何をめざすものなのか。倫理的な事柄に対して、どのような態度でそれに向き合うか――まず、こうした問題について検討し、そのうえで、倫理学におけるいくつかの代表的な考え方を学んでいきます。以上を通して、倫理的なものの見方、またその学問的な考え方の特質を理解することをめざします。
 
授業の方法・事前準備学修・事後展開学修  
授業の方法:録画動画または音声のオンデマンドによる配信。毎回webclassを見るようにしてください。

事前準備学修:授業内で予習用資料が配布された場合には、それをよく読んでおく。
事後展開学修:資料やノートを見直し、授業内容をまとめ直す。
 
授業展開(スケジュール)  
第1回 ガイダンス
第2回 倫理学とは
第3回 相対主義の問題
第4回 倫理的主観主義をめぐって
第5回 利己主義と愛
第6回 功利主義の基本的な考え方
第7回 功利主義の吟味
第8回 授業内容のふりかえり(第2回~第7回分)
第9回 カントと定言命法
第10回 義務論的立場の吟味
第11回 社会契約の思想
第12回 ケアの倫理
第13回 徳の倫理:古代の場合
第14回 徳の倫理:現代の徳倫理学
第15回 授業内容のふりかえり(第9回~第14回分)
(以上の授業展開については、変更される場合がある)
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価方法  
・レポート:70%(授業内容の理解度の確認として)
・授業への参加度:30%(授業各回の振り返り課題をもとに評価する)
 
成績評価基準  
 埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達
目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。「到達目標を超え、
特に秀でている」:G P=4、「到達目標を超えている」:GP= 3 、「到達目標
に十分達している」:GP=2、「到達目標に最低限達している」:GP=1、
「到達目標に達していない」:GP=0。なお GP が 1 .5 、2.5 、 3.5 と評価
されることもある。
 
テキスト  
備考 プリントを配布する
 
参考図書  
参考書1 ISBN 4771014396
書名 現実をみつめる道徳哲学 : 安楽死からフェミニズムまで
著者名 ジェームズ・レイチェルズ 著,古牧徳生, 次田憲和 訳, 出版社 晃洋書房 出版年 2003
備考
参考書2 ISBN 9784790708384
書名 入門講義倫理学の視座
著者名 新田 孝彦 著, 出版社 世界思想社 出版年 2000
備考
参考書3 ISBN 9784771014794
書名 ビーイング・グッド : 倫理学入門
著者名 サイモン・ブラックバーン 著,坂本知宏, 村上毅 訳, 出版社 晃洋書房 出版年 2003
備考
参考書4 ISBN 9784753102341
書名 道徳形而上学の基礎づけ
著者名 イマヌエル・カント 著,宇都宮芳明 訳・注解, 出版社 以文社 出版年 2004
備考
備考 上記以外については授業内で適宜指示する
 
学生へのメッセージ  
参考図書をはじめ、倫理学の入門書を自分で(少しでも)読んでみてください。むずかしいと感じることも少なくないかもしれませんが、履修者の皆さん一人一人が倫理学に積極的に触れていくことを期待します。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
特になし
 
連絡先(電話番号)  
048-858-3199
 
連絡先(メールアドレス)  
fumimiya(アットマーク)mail.saitama-u.ac.jp
 
オフィスアワー  
水曜日12:15-12:55(授業期間中)
 
連絡先(ホームページ、その他)  
 
関連ホームページ  
 
その他・備考  
 
ページの先頭へ