タイトル
     2021 年度 前期  教育学部 学校教育教員養成課程 日英区分 :日本語 
  
法学特講B
Constitutional Problems in Today's Japan B
  
ナンバリング 科目分野
SSE2020   教育学部専門科目
担当教員(ローマ字表記)
  中川 律 [Nakagawa, Ritsu]
対象学生 対象年次 単位数
  3~4 2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  金2 オンデマンド
科目群 講義番号
  Y12302
クラス指定  
 
 
他との関連(関連項目)  
法学概論、法学研究入門、法学特講A、Cに関連します。
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
指定教科書を事前に読むことお勧めします。
 
テーマ・副題  
 
授業科目の到達目標  
本授業は、日本国憲法における憲法上の権利保障に関する基本的な知識と理解を深めることを目標にしています。
 
学科・専修等の学習・教育目標との関連  
 
授業キーワード  
法、法律、法学、憲法、人権
 
授業の内容  
内容的には、芦部信喜(高橋和之補訂)『憲法〔第7版〕』(岩波書店、2019年)の第五章以降を順次読み解いていきます。本授業では、第八章一の「思想・良心の自由」までを対象とし、それ以降については、第3・4タームに開講される法学特講Cにおいて取り扱う予定です。毎テーマごとにレジュメを配布し、教科書の足りない部分を補いないながら講義をするので、授業内容と教科書の内容は必ずしも一致はしません。
 
授業の方法・事前準備学修・事後展開学修  
*オンデマンド授業の進行の仕方やレポートの提出 の方法などについて、随時、シラバスの内容を更新します。適宜、シラバスの記載内容をチェックするようにしてください。また、WebClassについても、適宜、チェックしてください。

本講義は、オンデマンド配信で実施します。
 オンデマンド配信では、毎回、レジュメに沿って教科書の特に重要な部分やそれを補足する内容を中心に講義形式で行います。これにより、教科書の内容の知識や考え方の定着を図り、さらに、憲法の基礎的知識や考え方として重要であるが、教科書には載っていない内容に関して補うことを考えています。
 
*オンデマンド配信の視聴、レジュメの配布、期末レポートの課題提示・提出、出欠確認などについては、WebClassを通じて行います。適宜、Web Classをチェックしてください。

*本講義では毎回、教科書や参考書などの該当部分の予習を課します。各回の最後に次回の予習の範囲を指示します。また、本講義では、毎回の授業後に、教科書、参考書、授業プリント、ノートの復習をする必要があります。
 
授業展開(スケジュール)  
第1回 ガイダンス
第2回 人権宣言の歴史
第3回 人権の観念と内容
第4回 人権の享有主体(その1)
第5回 人権の享有主体(その2)
第6回 公共の福祉
第7回 二重の基準論
第8回 特別な法律関係における人権の保障
第9回 私人間における人権の保障
第10回 幸福追求権(総論)
第11回 幸福追求権(各論)
第12回 法の下の平等(その1)
第13回 法の下の平等(その2)
第14回 思想・良心の自由
第15回 まとめ:教科書とレジュメの復習
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価方法  
上記の達成目標の到達度を測るため、原則的に、期末レポート、平常点を総合的に評価する予定です。

*オンライン授業のため、適宜、適切な評価方法に改善する可能性があります。
 
成績評価基準  

【平成27年度以降入学者】
到達目標を超え、特に秀でている者はS、到達目標を超えている者はA、到達目標に十分達している者はB、到達目標に最低限達している者はC、到達目標に達していない者はFとする。

【平成26年度以前入学者】
80点以上ならば優、80点未満70点以上ならば良、70点未満60点以上ならば可、60点未満は不可と評価する。
 
テキスト  
教科書1 ISBN
書名 憲法〔第7版〕
著者名 芦部信喜 出版社 岩波書店 出版年 2019
備考
備考 *オンライン授業の性質上、教科書の購入は必須です。


 
参考図書  
備考 野中俊彦他『憲法Ⅰ〔第5版〕(有斐閣)
野中俊彦他『憲法Ⅱ〔第5版〕(有斐閣)
長谷部恭男『憲法〔第7版〕』(新世社)
渡辺康行ほか『憲法Ⅰ 基本権』(日本評論社)
長谷部恭男ほか『憲法判例百選Ⅰ[第7版]』(有斐閣)
長谷部恭男ほか『憲法判例百選Ⅰ[第7版]』(有斐閣)
芦部信喜『憲法学Ⅱ人権総論』(有斐閣)
芦部信喜『憲法学Ⅲ人権各論(1)[増補版]』(有斐閣)
 
学生へのメッセージ  
*本講義では十分な予習、復習、期末テスト前の集中的学習が必要とされます。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
 
連絡先(電話番号)  
 
連絡先(メールアドレス)  
rnakagawa(あっと)mail.saitama-u.ac.jp *(あっと)を@に変換して送付してください。
 
オフィスアワー  
木曜日12:10〜13:00
*メールで対応します。
 
連絡先(ホームページ、その他)  
 
関連ホームページ  
 
その他・備考  
オンデマンド授業の進行の仕方、レポートの提出の方法などについて、随時、シラバスの記載内容を更新します。適宜、シラバスの記載内容をチェックするようにしてください。また、WebClassについても、適宜、チェックしてください。
 
ページの先頭へ