タイトル
     2021 年度 前期  教養学部 日英区分 :日本語 
  
政策決定論
Decision Making Analysis
  
ナンバリング 科目分野
IREL3252   教養学部専門
担当教員(ローマ字表記)
  冨田 晃正 [Tomita, Terumasa]
対象学生 対象年次 単位数
    2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  木3 全学講義棟 2-301
科目群 講義番号
  F15062
クラス指定  
特には定めませんが2年次生以降を対象とします。
 
他との関連(関連項目)  
政治学、国際関係関連の科目を履修済、もしくは同時に履修すること。
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
上記と同じ。
 
テーマ・副題  
過程追跡による政策決定過程の分析
 
授業科目の到達目標  
基本的な事例研究の仕方の修得と、それの運用。
 
学科・専修等の学習・教育目標との関連  
 
授業キーワード  
利益集団、制度、個人、アイデア
 
授業の内容  
 
授業の方法・事前準備学修・事後展開学修  
前半は講義&演習形式、後半はグループワークにより進めます。
前半部分で政策決定を扱った文献の輪読&解説により、政策決定のイメージを掴んだ上で、後半部分ではグループに分けた上で、実際の政策決定を扱ったレポートの執筆&プレゼンを行います。
通常の講義形式の授業とは異なるので注意してください。
詳細なシラバスは初回の授業で提示します。
2月の段階では対面で実施することを考えていますが、履修人数や感染状況によりオンラインになる可能性もあります。
なお、初回のイントロのみはオンラインで実施します。
 
授業展開(スケジュール)  
第1回:イントロ
第2回:危機時の政策決定
第3回:政策決定の理論①
第4回:政策決定の理論②
第5回:日本の政策決定①
第6回:日本の政策決定②
第7回:アメリカの政策決定
第8回:前半まとめ
第9回:グループワーク
第10回:中間プレゼン①
第11回:中間プレゼン②
第12回:中間プレゼン③
第13回:完成プレゼン①
第14回:完成プレゼン②
第15回:完成プレゼン③
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価方法  
小テスト20%
レポート50%
出席30%
 
成績評価基準  
上記と同じ
 
テキスト  
 
参考図書  
 
学生へのメッセージ  
詳しい進め方は履修人数を考慮してきめますので、最初の授業に必ず出席するようにしてください。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
最初の講義に出席していない学生の履修は認めませんので注意して下さい。
履修を希望するがやむ負えない理由で初回の授業を欠席する場合は、個別で連絡してください。
 
連絡先(電話番号)  
 
連絡先(メールアドレス)  
ttomita★mail.saitama-u.ac.jp(★を@に変えてください)
 
オフィスアワー  
木曜5限
 
連絡先(ホームページ、その他)  
 
関連ホームページ  
 
その他・備考  
 
ページの先頭へ