タイトル
     2021 年度 前期  教養学部 日英区分 :日本語 
  
博物館概論
Museology
  
ナンバリング 科目分野
MUSE1022   教養学部専門
担当教員(ローマ字表記)
  寺門 臨太郎 [Terakado,Rintaro]
対象学生 対象年次 単位数
    2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  木4〜5 遠隔授業
科目群 講義番号
  F00601
クラス指定  
[博物館学芸員資格取得希望者]
 
他との関連(関連項目)  
博物館学芸員資格取得に係るすべての基礎となる科目である。
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
前提知識はとくに必要なし。
 
テーマ・副題  
「博物館のよき利用者」としての理解を深めると同時に、博物館学芸員資格を取得するための基礎的な知見を獲得する。
 
授業科目の到達目標  
博物館の成り立ちや定義などに関する知見にもとづき、現代社会における博物館の役割を自身で考えていくことができるようになる。
 
学科・専修等の学習・教育目標との関連  
学芸員資格取得のための基礎知識を修得する。
 
授業キーワード  
博物館 ミュージアム 美術館 生涯学習
 
授業の内容  
博物館のなかでもとくに美術館(芸術系博物館)の成り立ちにかかわる歴史と現代社会における役割などについて講述する。
 
授業の方法・事前準備学修・事後展開学修  
講義形式の授業。オンデマンド方式によるオンライン授業を実施。視聴動画はWebClassで提供。
各回、オンデマンド動画の視聴期間を7日間に設定する(例:初回+第2回=6/17[木]・15時から6/23[水]23時59分まで)。
授業1回あたり2時間の事前準備/事後展開の学修が求められる。
 
授業展開(スケジュール)  
No.内容
第1回 「ガイダンス」
視聴期間=6/17・15:00〜6/23・23:59
第2回 「博物館の定義・分類・制度」(予定)
視聴期間=6/17・15:00〜6/23・23:59
第3回 「博物館の成立と歴史①」(予定)
視聴期間=6/24・15:00〜6/30・23:59
第4回 「博物館の成立と歴史③」(予定)
視聴期間=6/24・15:00〜6/30・23:59
第5回 「博物館の特性:経営論的な視点①」(予定)
視聴期間=7/1・15:00〜7/7・23:59
第6回 「博物館の特性:経営論的な視点②」(予定)
視聴期間=7/1・15:00〜7/7・23:59
第7回 「博物館の特性:資料論的な視点①」(予定)
視聴期間=7/8・15:00〜7/14・23:59
第8回 「博物館の特性:資料論的な視点②」(予定)
視聴期間=7/8・15:00〜7/14・23:59
第9回 「博物館の特性:資料保存論的な視点①」(予定)
視聴期間=7/15・15:00〜7/21・23:59
第10回 「博物館の特性:資料保存論的な視点②」(予定)
視聴期間=7/15・15:00〜7/21・23:59
第11回 「博物館の特性:展示論的な視点①」(予定)
視聴期間=7/22・15:00〜7/28・23:59
第12回 「博物館の特性」展示論的な視点②」(予定)
視聴期間=7/22・15:00〜7/28・23:59
第13回 「博物館の特性:教育論的な視点①」(予定)
視聴期間=7/29・15:00〜8/4・23:59
第14回 「博物館の特性」教育論的な視点②」(予定)
視聴期間=7/29・15:00〜8/4・23:59
第15回 「まとめ」
視聴期間=8/5・15:00〜8/11・23:59
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価方法  
2回ごと(例:第1回+第2回)の小課題7つと最終課題を総合して評価する。割合は小課題(7つ)35%、最終課題65%。小課題、最終課題のそれぞれで6割以上の評点を得る必要がある。
 
成績評価基準  
埼玉大学単位修得の認定に関する規則に基づき、履修者が授業の到達目標をどれだけ達成したかに応じて以下の通り評価する。到達目標を超え、特に秀でている」=GP:4、「到達目標を超えている」=GP:3、「到達目標に十分達している」=GP:2、「到達目標に最低限達している」=GP:1、「到達目標に達していない」=GP:1。なおGP が1.5、2.5、3.5 と評価されることもある。
 
テキスト  
備考 随時PDF等で配付。
 
参考図書  
参考書1 ISBN 978-4623084661
書名 現代博物館学入門
著者名 栗田秀法編著 出版社 ミネルヴァ書房 出版年 2019
備考
参考書2 ISBN 978-4-560-02719-
書名 ミュージアムの思想
著者名 松宮秀治 著,松宮, 秀治, 1941-, 出版社 白水社 出版年 2009
備考
参考書3 ISBN 978-4-585-20038-
書名 博物館という装置 : 帝国・植民地・アイデンティティ
著者名 石井正己編,石井, 正己, 出版社 勉誠出版 出版年 2016
備考
参考書4 ISBN 978-4-89176-841-
書名 美術館という幻想 : 儀礼と権力
著者名 キャロル・ダンカン著 ; 川口幸也訳,Duncan, Carol,川口, 幸也, 出版社 水声社 出版年 2011
備考
参考書5 ISBN 9784756609045
書名 ミュージアムと記憶 : 知識の集積/展示の構造学
著者名 スーザン・A・クレイン編著 出版社 ありな書房 出版年 2009
備考
参考書6 ISBN 9784344952478
書名 文化を編集するまなざし : 蒐集、展示、制作の歴史
著者名 野村朋弘編 出版社 京都造形芸術大学東北芸術工科大学出版局藝術学舎 出版年 2014
備考
参考書7 ISBN 4-490-20333-0
書名 博物館の設計と管理運営
著者名 T・アンブローズ著 ; 水嶋英治訳 出版社 東京堂出版 出版年 1997
備考
参考書8 ISBN 9784872947885
書名 博物館資料の再生 : 自明性への問いとコレクションの文化資源化
著者名 明治大学博物館, 南山大学人類学博物館編 出版社 岩田書院 出版年 2013
備考
参考書9 ISBN 978-1-138-29247-
書名 Museum basics
著者名 Timothy Ambrose and Crispin Paine,Paine, Crispin,Ambrose, Tim, 出版社 Routledge Taylor & Francis Group 出版年 2018
備考
参考書10 ISBN 978-0-500-23928-
書名 The curator's handbook : museums, commercial galleries, independent spaces
著者名 Adrian George,George, Adrian, 出版社 Thames & Hudson 出版年 2015
備考
参考書11 ISBN 9784887138933
書名 芸術の生まれる場
著者名 木下直之編 出版社 東信堂 出版年 2009
備考
備考 そのほか随時紹介する。
 
学生へのメッセージ  
この授業科目は資格取得にかかわるものですが、そのこととは関係なく、博物館や美術館に関心がある人の受講を歓迎します。また、履修することを契機に、できるだけ多くの博物館を訪れることをお勧めします。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
なし。
 
連絡先(電話番号)  
非公開
 
連絡先(メールアドレス)  
非公開
 
オフィスアワー  
とくに定めない(WebClassのメッセージ対応)
 
連絡先(ホームページ、その他)  
WebClass
 
関連ホームページ  
なし。
 
その他・備考  
とくになし。
 
ページの先頭へ