タイトル
     2019 年度 後期  教育機構 日英区分 :日本語 
  
課題解決型プログラムa
Problem solving program a
  
ナンバリング 科目分野
    基盤
担当教員(ローマ字表記)
  七田 麻美子, 石阪 督規 [Shichida, Mamiko, Ishizaka, Tokunori]
対象学生 対象年次 単位数
  1~4 2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
  金3 全学講義棟 1-303
科目群 講義番号
  XZ400509
クラス指定  
なし
 
他との関連(関連項目)  
課題解決型プログラムb、課題解決型長期インターンシップ、地域創生を考えるabなどのキャリア関連科目
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
自らの主体性を引き出すために、チームを組んで、積極的に課題解決に取り組むことが求められる。社会人基礎力を効果的に学習できる産学連携型のプログラム。将来の就職、キャリアアップをめざす意欲ある学生の参加を望む。
 
テーマ・副題  
産学連携による企業参加型授業「チームで企業の課題を解決せよ!」
 
授業科目の到達目標  
1.主体的に学び、行動する力の体得
 「社会人として必要な力」と「現在の自分の力」とのギャップを自覚し、自ら「主体的」に学び行動する力を身につける。
2.職業観の醸成
 企業の経営課題の解決策を考えるプロセスを早期に体験することで、職業観を身につける。
3.埼玉県内企業への理解促進
 埼玉県内の企業が授業に参加し、交流することで、県内企業の魅力や可能性を理解する。
 
学科・専修等の学習・教育目標との関連  
 
授業キーワード  
課題解決 チーム力 主体性 産学連携 県内企業魅力発見
 
授業の内容  
・民間企業、埼玉大学との産学連携型の授業。
・企業の課題解決のプロセスを経験し、チームによる活動を重視した参加型プログラム。
 
授業の方法・事前準備学修・事後展開学修  
・受講生の主体的な行動、提案の重視
・20名程度の受講生を5~6グループに分け、チーム制で実施
・埼玉県内企業2社(【前半】JR東日本大宮支社/【後半】(株)ものくり商事)から課題を提示
・12月1日(日)に大宮駅で成果発表を兼ねた新商品PRイベントを行うので、受講生は参加すること。
 
授業展開(スケジュール)  
No.内容
第1回 【前半】JR東日本大宮支社(テーマ:「埼玉を代表する土産物」の販売)
オリエンテーション 授業の概要/進め方の確認
第2回 グループ分け、大宮駅視察(エキュート、中央コンコース等)
第3回 グループワーク
つむぎや商品説明、駅マーケットの分析(購買動向等)
第4回 グループワーク
ターゲットの設定、訴求チャンネル、イベント趣旨の検討
第5回 グループワーク
外部発注の印刷物、POPのデザイン決定
第6回 グループワーク
イベント用の告知物等の自主製作、学生の役割分担の決定
第7回 グループワーク
イベントの最終確認①
第8回 グループワーク
イベントの最終確認②

※12/1 新商品PRイベント (JR大宮駅)
第9回 【後半】ものくり商事(テーマ:空き家のリノベーション、有効活用)
オリエンテーション 授業の概要/進め方の確認
第10回 企業から課題の提示
第11回 課題分析 グループワーク
第12回 課題解決立案 グループワーク
第13回 企業への一次提案(中間報告会)
第14回 課題解決案修正・改善 グループワーク
第15回 課題解決案の提案完成 グループワーク
第16回 企業への最終提案
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価方法  
チームによる一次提案、最終提案の評価に加え、授業やチーム活動への参加状況等を指標化して評価する。
 
成績評価基準  
前掲の評価方法、評価指標に基づき評価する。詳細は、初回講義時に指示する。
 
テキスト  
 
参考図書  
 
学生へのメッセージ  
埼玉県の企業の方々に参加してもらいながらすすめる産学連携による課題解決型プログラム。主体的に参加することが求められる究極のアクティブラーニングです。
社会で必要とされる力と自分の力とのギャップを自覚することで、今後の大学生活で何を学んでいけばよいのかを知るための授業といってよいでしょう。
また、チームワークの大切さや挫折を乗り越えるための手法を効果的に学習することもできます。大学生になって「何かしてみたい」「就職に向けた第一歩を踏み出したい」・・・といった意欲ある学生の受講を望みます。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
チーム編成の都合により、20名を上限とする。
 
連絡先(電話番号)  
 
連絡先(メールアドレス)  
shichida@mail.saitama-u.ac.jp
 
オフィスアワー  
木曜4限 金曜4限(ただし授業の都合で研究室にいない日もあるので、必ず事前に連絡をください)
教育機構棟3階 七田研究室
 
連絡先(ホームページ、その他)  
 
関連ホームページ  
JR東日本(東日本旅客鉄道株式会社)
https://www.jreast.co.jp/
株式会社 ものくり商事
http://monokuri.co.jp/
 
その他・備考  
課題、テーマの詳細については、初回授業時に紹介する。
 
ページの先頭へ