タイトル
     2017 年度 前期  経済学部 経済学科(昼間コース) 日英区分 :日本語 
  
寄附講義「現代銀行経営論」
Current Management of Banks
  
ナンバリング 科目分野
    経済学部専門科目
担当教員(ローマ字表記)
  長田 健 [Osada, Takeshi]
対象学生 対象年次 単位数
  1~4 2
必修・指定選択・選択の別 曜日時限 教室
選択 水4〜5 全学講義棟 1-301
科目群 講義番号
  A13096
クラス指定  
2年生以上
※グループワークを実施する都合上、人数制限がありますので、抽選を行う場合があります。
 
他との関連(関連項目)  
なし
 
履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識)  
金融や金融機関実務に興味があることが望ましいです。
 
テーマ・副題  
 
授業科目の到達目標  
地域金融機関の実務的な側面について理解することを目標とします。
 
学科・専修等の学習・教育目標との関連  
 
授業キーワード  
地域金融機関
 
授業の内容  
埼玉りそな銀行の実務家の方々を招聘して講義を行っていただきます。
 
授業の方法・事前準備学修・事後展開学修  
各回の講義によって異なります。
 
授業展開(スケジュール)  
以下のようなスケジュールを予定しています.
1.オリエンテーション
2.金融サービス業とは
3.地域密着型金融への取組み
4.自分の将来を考えよう(金融商品の多様化)
5.発表テーマ別グループ分け
6.ITの戦略的活用によるオペレーション改革・次世代店舗~サービス改革
7.CS向上に向けた取組み
8.りそなが目指すオムニチャネル戦略とは
9.顧客ニーズにマッチしたローン商品の開発
10.グループディスカッション①
11.地域産業育成への取組み
12.金融マーケットと銀行の果たす役割
13.地域金融機関における人材戦略とは/営業店現場の取組み
14.グループディスカッション②
15.「テーマ」に基づく提言
 
授業の詳細(履修登録学生のみ閲覧可)  
WebClassへ
 
成績評価方法  
「授業参加の積極性」および「グループワーク(グループディスカッション、グループ発表)」で成績評価します。
※最終日(7月26日[水])にグループ発表会を実施します。
 
成績評価基準  
授業参加の積極性:50%
グループワーク(取り組み姿勢・発表の内容):50%
 
テキスト  
備考 TBA
 
参考図書  
備考 TBA
 
学生へのメッセージ  
金融や金融機関実務に興味があることが望ましいです。
 
人数制限 ※詳細は「その他・備考」欄を参照してください。  
グループワークをする都合上、人数制限(100名程度)があります。
 
連絡先(電話番号)  
 
連絡先(メールアドレス)  
takeshiosada[at]mail.saitama-u.ac.jp
 
オフィスアワー  
月曜日 12:00-13:00
 
連絡先(ホームページ、その他)  
 
関連ホームページ  
 
その他・備考  
初回講義には必ず出席してください。
 
ページの先頭へ